2017年8月31日(木)放送

生産者:府中市上下町  秋山 剛さん 43歳

「小倉園」の名称でお茶の製造と販売を手がける。
県内では数少なくなった茶園もあり、無農薬栽培された茶葉で作るお茶は「安心!広島ブランド」にも認証されている。
お茶を入れて飲む習慣が少なくなる中、若い人たちにも受け入れられるように紅茶も作り始めた。

imageimageimage

放送動画再生

2017年8月24日(木)放送

生産者:尾道市瀬戸田町 村上 広大さん 30歳

脱サラして5年前に実家の柑橘農家の後継者として農業を始める。
夏場は柑橘の出来を左右する摘果などの重要な作業がある。
約10種類の柑橘を作るが、中には「自然熟はるみ」などの高付加価値の柑橘も出荷している。
瀬戸田の産業を代表する柑橘栽培を守っていきたいという。

imageimageimage

放送動画再生

2017年8月17日(木)放送

生産者:三原市久井町 溝上 直人さん 32歳

5年前に実家の農業の手伝いを始める。
主に小菊やカーネーションなどの花を出荷するほか、季節の野菜をJA三原やっさふれあい市にも出荷している。
後継者不足が進む地域の中で今後が期待されている。

imageimageimage

放送動画再生

2017年8月10日(木)放送

生産者:尾道市向島町  力石 義高さん 52歳

脱サラして8年前から特産の向島トマトを作る。
古くから続く産地だが6月の天候不順で作りにくくなってきたという。
それでもベテラン農家のアドバイスを受けながら特産トマトの出荷を続ける。
向島トマトは尾道の優れた農産物を認証する「尾道ブランド」にもなっている。

imageimageimage

放送動画再生

2017年8月3日(木)放送

生産者:世羅町 立石 浩一さん 25歳

就農1年目。JAグループが生産から販売まで一貫生産を行うミニトマト「アンジェレ」を栽培している。
大学で微生物などを学んだがものづくりがしたいと就農を決意。
世羅町の新規就農支援事業を受けて農業を始めた。
病気のリスクを抑える新しい栽培方法も取り入れている。

imageimageimage

放送動画再生
JAグループ広島