~協同の力で支え合おう!広島~

「平成30年7月豪雨」により、広島県農業は甚大な被害を受けました。
JAグループ広島は、生産者とともに、広島県農業の復旧・復興に全力で取り組んでまいります。


2019年8月29日(木)

生産者:竹原市吉名町 脇林 大祐さん 37歳

祖父が始めた柑橘やぶどうなどの果樹栽培を10年前に受け継いだ。
8月はぶどうの収穫に追われるが、定番のベリーAやピオーネのほか、「ヒムロット」という昔ながらの希少な品種も栽培している。
収穫や出荷作業は妻と二人三脚で行なっており、祖父から受け継いだ農業を守っている。


放送動画再生

2019年8月22日(木)

生産者:安芸高田市甲田町 川口 達也さん 20歳

4月に有限会社 援農甲立ファームに就職する形で就農した。様々な産物を作る同社の中で、ミニトマトの栽培を担当している。
そのほか消費者と共に行う農業体験にも関わっており「農作業を通じてみなさんがつながっていくのが嬉しい」という。
将来は楽しく働ける農業を目指して独立を視野に入れている。


放送動画再生

2019年8月15日(木)

生産者:安芸高田市吉田町 木坂 浩基さん 41歳

JA広島北部青ネギグループの一員として、水耕栽培の青ネギを作っている。
比較的時間をかけて生長するよう栽培をコントロールし青ネギ本来の味を追求している。
10年前に後継者として妻と共に農業を始めた。生産者の高齢化が進むなか、やりがいのある仕事なので若い人たちにも目を向けて欲しいという。


放送動画再生

2019年8月8日(木)

生産者:庄原市高野町 前田 賢治さん 46歳

JA全農オリジナルブランド「アンジェレ」を栽培している。
糖度が非常に高くスナックタイプのミニトマトとして評価が高い。
5年前に会社員から転身し、故郷で農業を始めた。現在は妻も子育てのかたわら農作業を手伝っている。
もっと若い人たちに農業の魅力に気づいてもらえればという。


放送動画再生

2019年8月1日(木)

生産者:庄原市高野町 永田 力将さん 35歳

JAグループ広島の新規就農者育成・支援事業を受け2年前に就農した。
高野町特産のトマトを作る。収穫期を控え、サイズや収穫量を確保するための摘果作業に追われる。
高野町のトマト部会は若手も多く、相談にも気軽に応じてもらえるため、新しく農業を始めるための環境が揃っているという。


放送動画再生

JAグループ広島