RCCトップRCCテレビRCCプロジェクト Eタウン・SPORTS≫バックナンバー

ETOWN SPORTS

2015年11月14日(土)放送

TPPへの期待と不安
“日本の縮図”広島の現場を行く

TPP(環太平洋パートナーシップ協定)の大筋合意から1か月余り。その内容が徐々に明らかになるにつれ、全国各地で期待と不安が交錯している。対照的な反応が最も色濃い地域の一つが、広島県だ。

都市部で工業が集積し、山間部に農地が広がる広島。以前から「日本の縮図」と言われてきた。TPPで日本の産業が受ける影響も、この地に凝縮されている。

「ものづくりの広島県」をリードするマツダや関連企業からは、「歓迎」の声が上がっている。ただ中には、冷静に受け止める企業もあった。背景にはTPPの先を行く実態も。

全国一の高齢化率に悩む広島県の農家。「攻めの農業」というスローガンとは、かけ離れた厳しい現実。そして、TPPでさらに苦境に立たされる農村のかすかな希望とは。

坂上・中根両キャスターが広島の現場を徹底取材し、財界と農業団体のトップを直撃。TPPが広島に何をもたらすのか、わかりやすく報告する。

imageimage

スポーツ

スポーツは、15日に世羅町で開催される「中国実業団駅伝」の見どころを解説!

BACK