RCCトップRCCテレビRCCプロジェクト Eタウン・SPORTS≫バックナンバー

ETOWN SPORTS

2015年11月28日(土)放送

生まれ変わる広島駅

「玄関口としては寂しい」と長年言われ続けたJR広島駅。その評価を一新する再整備が急ピッチで進んでいる。
電車が行き交う線路の上では、去年完成した新跨線橋に加え、自由通路や店舗スペースが姿を現しつつある。
線路上のフロア面積は大阪駅を超え、JR西日本の中で最大になる予定だ。
再整備は、駅舎そのものに留まらない。広島駅と再開発ビルを結ぶ歩行者専用通路がこのほど着工し、最終的にはマツダスタジアムにもつながる。
さらには、広島電鉄の路面電車が駅ビルに直接乗り入れるというアクセス改善計画もある。
一連の事業を主導するのは、広島市だ。厳しい財政難の中、巨額の予算を投じる背景には、将来の人口減少社会を見すえた都市ビジョンがあった。中根キャスターが松井市長に単独インタビューし、広島駅再整備のねらいに迫る。
また広島駅は、12月1日に「民衆駅」として戦後復興を果たしてから半世紀の節目を迎える。
その歴史を物語る秘蔵資料も紹介する。

imageimage

スポーツ

スポーツは、ルーキーながら1軍経験を積んだカープの野間峻祥選手を直撃。
打撃力アップを目指して取り組む新打法とは?
また、チャンピオンシップに挑むサンフレッチェで観客の満足度向上を目指す、クラブのトップ織田社長に密着した。

BACK