RCCトップRCCテレビRCCプロジェクト Eタウン・SPORTS≫バックナンバー

ETOWN SPORTS

2016年2月13日(土)放送

高級山芋作りで生き残り?建設会社の挑戦 

全国のスーパーマーケットのバイヤーなど10万人以上が集まるという国内最大の食品展示会が、今週東京で開かれた。
ここに三原市のある企業が出展した。持ち込んだのは、高級山芋の自然薯(じねんじょ)をすりおろして急速冷凍した“とろろ”。贈答用は70グラムで5000円と、かなり強気の価格設定で勝負をかけた。

この企業は「仙石組(せんせきぐみ)」と言い三原市久井町にある。
そもそも建設会社だ。公共工事を受注して売上げを確保してきたが、11年前に久井町が三原市と合併して以降、受注が大幅に減り苦境に立たされた。生き残りをかけて始めたのが、自然薯づくりというわけだ。畑をしっかり掘り起こすことが重要だとして、土木用のショベルカーを流用することもあると言う。

収穫したままの自然薯はもちろん、麺類などの加工商品も販売して、一定の売上げにつなげている。このたびの東京での出展は、販路拡大を目指す上での判断。バイヤーの反応に直面した担当者の反応は?

imageimage
imageimage

カープ日南キャンプ生リポート

スポーツは、終盤に入るカープ日南キャンプの現地から生中継リポート。
同じく日南入りしていた坂上キャスターの取材報告も。
バレーボールVリーグは、プレーオフの序盤戦「ファイナル6」が始まる。
連覇を目指す地元JTサンダーズの快進撃が始まるのか?初戦の結果を速報する。

BACK