RCCトップRCCテレビETOWN SPORTS≫バックナンバー

ETOWN SPORTS

2016年11月12日(土)放送

一石二鳥の効果も!ブランド和牛の増産作戦を追う

ブランド牛人気で全国的に市場価格が高騰している和牛。
しかし背景には、畜産農家の高齢化と後継者不足で廃業が増え、和牛自体が減っている現状があった。
広島でも農家がこの10年間で6割に減り、県内の需要に対する広島産和牛の自給率が30%台と低水準になっている。

広島県は4年後の自給率50%を目標に、和牛の増産事業に力を入れている。
その方法が「体外受精」だ。肉質の良い血統のオスとメスから受精卵をつくり、別のメスに移植して「代理出産」で産ませようという作戦。
しかも移植先は、和牛だけでなく乳牛にも頼っていた。
それにより、酪農の経営安定化にもつながるという。そのワケとは?

県の研究施設の最先端技術を紹介するとともに研究者や農家などの声を交え、あまり知られていない和牛の増産作戦への期待と課題を探る。

image image image image

スポーツ

マツダの連覇か中国電力のリベンジか-。13日に開催される「中国実業団駅伝」の見どころも伝える。

BACK