RCCトップRCCテレビETOWN SPORTS≫バックナンバー

ETOWN SPORTS

2017年5月27日(土)放送

農業大変革?グローバルGAPって何だ

「3年後に開催される東京オリンピック・パラリンピックの選手村で、国産の農作物がほとんど使えないかもしれない・・・」 こんなショッキングな指摘が浮上している。
背景にあるのは、「グローバルGAP(ギャップ)」という農作物の生産における国際的な安全管理基準。
世界では広まりつつあるものの、日本ではこの基準の取得率が極めて低く、冒頭の懸念につながっているのだ。
今年2月、安芸高田市の大規模農業生産法人「援農甲立ファーム」が、広島県内の農家として初めてグローバルGAPを取得した。
もちろんオリンピックを見据え、ビジネスチャンス拡大をねらったものだ。取得したのは、ファームが作る約30品目のうちアスパラガス・ミニトマト・白ネギの3種。
世界一厳しいとされる安全管理基準だけあって、日々の生産量のほか散水量や水質など260にも及ぶチェック項目がある。
JRと地元信用金庫による広島独自の取得支援策も始まる中、これからの日本の農業を大きく変える可能性があるこのグローバルGAPについて考える。

image image image image

カープ中田廉投手 進化の秘密

エースの出遅れなどで投手陣は厳しい台所事情が続くカープ。
そんな中で、中田廉投手が中継ぎとして重要な役割を果たしている。
優勝した昨シーズンは活躍できなかったことから、成長を模索してつかんだのが、フォークボールの質の向上。
ゴールデンウィーク中の阪神戦での登板を題材に、打者との駆け引きについて自ら解説する。
悲願のB1昇格に向け最終決戦にのぞむ広島ドラゴンフライズの最新情報も。

image image image image

BACK