RCCトップRCCテレビETOWN SPORTS≫バックナンバー

ETOWN SPORTS

2017年7月22日(土)放送

東京・銀座発!県内メーカーの大ヒット戦略

東京・銀座で開店して今月5周年を迎えた広島県のアンテナショップ「TAU」。
カープグッズ人気にも後押しされ、来店客数・売上額ともに年々右肩上がりが続いている。
アンテナショップの重要な役割が、県内事業者の商品を販売し業績アップにつなげることだ。
豊富な品ぞろえに加えて、毎月10商品ほどテストマーケティングとして売り出し、人気があったものを定番に昇格させる仕組みをとっている。

image image image

このTAUで扱われヒット商品が生まれた食品メーカーがある。
レモン味のイカ天をつくる尾道市の「まるか食品」と、米こうじを使ったノンアルコール甘酒の三次市「児玉醤油」。
いずれもTAU出品を足がかりに販路が広がり、さらなる飛躍を目指して奮闘している。
生産現場を訪ねて両社のトップを直撃。ヒットにつながった要因を聞いた。そこにはある共通した行動があった。

image image image image image image image image image

カープ鈴木誠也 成長の真実

連覇を目指すカープの若き4番 鈴木誠也選手。
他球団のマークが厳しくなる中、なんとかそれを跳ね返そうと奮闘している。
彼の強さはどこにあるのか。恩師・担当スカウト・コーチなど、彼にゆかりがある人たちの証言で成長の真実をつづる。

image image image image

BACK