Eタウントップへ

Eタウンサイト

2012年6月

Eタウンサイト
写真
2012年6月30日(土) 放送のEタウンサイト
良い会社は良い採用から!
イマドキ就活・採用事情!

就職活動=就活。
引く手あまただったバブル期から20年あまり。
就活学生を取り巻く状況は大きく変わりました。

活動開始は3年生から。スマホ片手に情報収集し、
20〜30社以上の企業を受けてもなお内定がもらえない学生たち。
就職勉強会に通いながら、厳しい現実に立ち向います。

しかし、変わったのは学生側の事情だけではありません。
採用する企業側の悩みもつきません。

「優秀な学生を採用したい」という思いはどの企業も同じですが、
どんなに選んでも他社に逃げられたり、早期離職されたり、社風に合わない学生だったり。

学生と企業の本音のミスマッチ。
それは、多くのニートと言われる若者や企業の閉塞感を生み出しています。

そんな中、採用コンサルティングを手がけている出版社のザメディアジョンは
「徹底して学生とつきあい」「会社の良さも悪さも伝える」ことで
ミスマッチをなくしています。

番組ではザメディアジョンの最終面接である「採用合宿」に密着。
社長自ら赤裸々に語る「裏会社説明会」に「食事会面接」。
と同時に役員面接を他社企業に公開。企業側にも面接の方法を伝授します。

マニュアル学生の見抜き方とは?
良い企業は良い「人財」から!
企業と学生の本音せめぎ合う就活・採用最前線に迫ります!

 

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  



お問い合わせ先
「採用合宿」に密着した出版社
ザメディアジョン
電話 050-5527-1848(平日9:00 〜 18:00)
住所 広島市西区横川町2-5-15
HP http://www.mediasion.co.jp
ページトップへ
Eタウンサイト
写真
2012年6月23日(土) 放送のEタウンサイト
中心部で家電戦争激化!
それぞれの生き残り策は?

広島市の中心街、紙屋町と八丁掘に家電量販店が同時にオープンします。
日本一のヤマダ電機と地元出身のエディオン。
家電業界全体が厳しい状況の中、それぞれの生き残り策を探ります。

デオデオは、本店の横に新館をオープンさせます。
一つ一つの売り場に体験できるスペースを設置し、
ただ、売るだけではなく、使い方までセットにして売る方式を強化します。
業界の中での再編が進む中、最初に仕掛けた久保社長に直撃インタビュー。
10月に店名自体をエディオンに統一するという大きな改革を打ち出しています。
3社合併が上手くいった基本理念とは・・・。

一方、日本一の売上を誇るヤマダ電機は、デパートの天満屋が撤退した跡地に出店を決定。
都市型店のラビを中四国初出店させます。
ヤマダの売り場はこれまでどう違うのか?徹底調査します。
また、八丁掘界隈の人の流れはどう変わるのか?
不安な半年間を過ごしたレストラン街の東海飯店はどんな戦略をとったのか?

日本一のヤマダか地元出身のエディオンか、果たして人々はどちらを選ぶのか?
勝敗の行方はキーポイントは?

 

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  



お問い合わせ先
新館がオープンした広島本社の家電量販店
デオデオ本店 新館
電話 082-247-5111
住所 広島県広島市中区紙屋町2-1-18
営業時間 10:00 〜 20:00
元天満屋にオープンした全国チェーンの家電量販店
LABI広島
電話 082-545-8940
住所 広島市中区胡町5-22
営業時間 10:00 〜 22:00
ページトップへ
Eタウンサイト
写真
2012年6月16日(土) 放送のEタウンサイト
池田キャスター海外リポート!
タイに進出した広島の企業

今週は池田キャスター自らデジカメを持っての海外リポート。
訪れたのは洪水の被害から回復しつつあるタイ。
今年の経済成長率は5%、来年は7%と予測されています。
その成長を支えているのが、日本を中心とする海外からの投資です。
広島からも数多くの企業が進出しています。

マツダがフォードとの共同出資で作った工場「AAT」。
タイでは日本車のシェアが90%以上。
販売台数も伸びていて、今年は100万台を超える勢いです。
マツダは、その中で5%のシェアを確保、超円高の中で、アジアへの重要な拠点となっています。
マツダの工場を直撃取材、日本では生産していないピックアップトラックの生産現場にもお邪魔しました。

去年起こった洪水で大きな被害を受けたサタケの工場も取材。
機械の入れ替えなどで、およそ6億円の被害が出ました。
懸命の作業の結果、3月には去年と同じ生産量まで回復。
東南アジアの生産拠点としてのタイの未来を展望します。
また、精米機から発展したサタケの驚きの最新技術もご紹介します。

コメンテイターはタイにも詳しい迫勝則教授(広島国際学院大学)。

 

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  


ページトップへ
Eタウンサイト
写真
2012年6月9日(土) 放送のEタウンサイト
最新オフィス事情!
〜有料自習室が人気?ビジネスの新しい形とは?

支店経済の街として発展してきた広島市。
しかしオフィスビルの空き室率は13%前後と依然高い水準で推移していて、
広島の拠点性が今後も維持されるかどうか、懸念は根強く残る。

そんな中、新しいタイプのオフィスとして、
会員制の有料自習室が広島市に相次いで誕生し、あの手この手で定着化を図っている。

番組では、「有料自習室とはどんな施設か」「どんな人が利用しているのか」について
岡キャスターとコメンテーターの永田靖さん(広島経済大学准教授)が体験取材。
「こうしたビジネス空間が登場する背景に何があるのか」を探る。

一方で、空き室率の高いこのご時世に、契約がすべて埋まったという紙屋町のオフィスビル
「トランヴェールビルディング」にテレビカメラが初潜入。
人気の秘密とは?

ノマドなど多様化するビジネスマンの働き方を探る!

 

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  



お問い合わせ先
出先機関サポート
「ビジネスラウンジ」(一般社団法人 百人邑)
電話 082-258-3017
住所 広島市東区若草町11-2 グランアークテラス3階
HP http://100mura.net
有料自習室
「U-CAL(ユーカル)」(プレシャスサービス)
電話 082-236-7887
住所 広島市中区本通7-29 アイビービル7階
HP http://u-cal.jp/
小規模事業者サポート
「ビジネスサポートひろしま」(広島ソフトウェアセンター)
電話 082-501-5004
住所 広島市西区草津新町1丁目21-35 広島ミクシス・ビル3階
HP http://www.b-base.jp/
ページトップへ
Eタウンサイト
写真
2012年6月2日(土) 放送のEタウンサイト
変わる広島県庁の戦略!
湯崎知事に直撃

湯崎英彦広島県知事の就任から2年半、
広島県庁は組織改革が推し進められてきました。
「予算主義」から「成果主義」へ。

経営戦略室の設置や、経営戦略会議、また、職員による政策提案など、
よりよい県作りに様々な取り組みが行われています。
そこから生まれた観光キャンペーン「おしい広島県」は全国的な注目を集めるほどに。

また公僕意識を捨て、県民のことを考え作られた行動理念は、
毎朝唱和されています。その光景は、さながら民間組織のよう…
今では改革を通して、県庁職員の意識も変化が生まれてきました。

さらに広島県が2013年に開催を予定する「広島ピースアーチ」も取り上げます。
広島から世界へ平和のメッセージを発信することを念頭に行われるこのコンサートは
県民・企業・団体が相互に連携して社会貢献活動に取り組むコミュニティ制度を採用。
県職員の活動にも密着、イズミ、福屋、デオデオなど地場企業からどんな協力体制を引き出しのたのか?

果たして広島県庁はどのように変わったのか?
またこれから目指す政策、方向性は?
湯崎知事にインタビューを敢行。
広島県のこれからに迫ります。

 

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  



お問い合わせ先
ひろしま平和発信コンサート実行委員会事務局(広島県文化芸術課内)
県民ぐるみで平和貢献に取り組む「ピースサポーター制度」
電話 082-227-6234
住所 広島市中区基町10-52
みよし食堂
老舗食堂
電話 082-247-9990
住所 広島県広島市中区立町1-12
ページトップへ


BACK
Copyright (C) RCC BROADCASTING CO.,LTD. All rights reserved.