料理
2019/1/16 (水)
鶏肉の治部煮風山葵のせ
料理人:玉田慎介
料理画像
  • 鶏皮は焼いてから煮ることで臭みを取る。
  • 餅は電子レンジ加熱で簡単に柔らかくする。
料理人 玉田慎介
三瀧荘
広島市西区三滝町1−3
昼:11時30分〜15時
夜:17時30分〜22時
【定休日】毎週水曜日
(問)082−537−0220
QRコード 携帯でもレシピをご覧いただけます。 印刷
【2人前】

鶏もも肉・・・1枚
シイタケ・・・4枚
ニンジン・・・1/3本
冷凍サトイモ・・・4個
ホウレンソウ・・・1/2束
切り餅・・・・1個
ワサビチューブ・・・適量
鰹出汁・・・360ml
鰹出汁(仕上げ用)・・・100ml
濃口しょう油・・・60ml
みりん・・・60ml
砂糖・・・12g
片栗粉・・・適量


作り方
≪作り方≫
1.ニンジンは乱切りして下茹でする。
2.シイタケは石突きをとる。
3.冷凍サトイモは半分に切る。
4.ほうれん草は茹でたら、氷水に落とし、絞って5cmほどに切る。
5.鶏肉は皮を剥ぎ、一口大に切って片栗粉をまぶす。
6.(5)の剥いだ皮は切ってフライパンで焼く。
7.鍋に鰹出し(360ml)、しょうゆ、みりん、砂糖、(6)の焼いた鶏皮をいれ、シイタケ、ニンジン、サトイモを加えて、柔らかくなるまで煮る。
8.切り餅を一口大に切り、耐熱容器に入れ電子レンジで餅を加熱し、柔らかくしたら鍋に加える。
9.野菜が柔らかくなったら片栗粉の付いた鶏肉も鍋に入れる。
10.炊き上げた具材を取りだし、器に盛り付ける。
11.炊きあがった出汁に鰹出汁(仕上げ用100ml)をいれ、水で溶いた片栗粉でとろみをつけ味を整える。
12.盛り付けた具材の上にたっぷり出汁をかけ、ほうれん草を盛り、天盛りにワサビをおいたら、できあがり。
Copyright (C) RCC BROADCASTING CO.,LTD. All rights reserved.