料理
2019/3/22 (金)
お花見ちらし弁当
料理人:柿崎不二子
料理画像
料理人 柿崎不二子
料理教室 テッラ・カーサ
広島市中区鶴見町10−10 ウォームハートテラス502
電話番号:082−274−8799
QRコード 携帯でもレシピをご覧いただけます。 印刷
【2人分】
【ちらし風ご飯】
ご飯・・・2杯分 
ショウガ・・・1/2片
ミョウガ・・・1個
塩・・・適量
卵・・・1個
桜の花の塩漬け・・・適量
<甘酢>
酢・・・大さじ1
砂糖・・・小さじ1
塩・・・小さじ1/4
<お弁当の隙間に・・・>
アスパラガス塩ゆで・・・2本
【セロリの牛肉巻き】
セロリ・・・4本(5cm長さ)
牛薄切り肉・・・100g
強力粉・・・適量
オリーブオイル・・・適量
酒・濃口しょうゆ・みりん・砂糖・・・各小さじ1

【タケノコのオイル焼き】
タケノコ水煮・・・適量
濃口しょうゆ・・・適量
花かつお・・・適量
作り方
≪作り方≫
【ちらし風ご飯】
1.生姜は千切りにする。
2.ミョウガは小口切りにする。
3.生姜とミョウガに塩を適量振って1分ほどおく。
4.<甘酢>の材料、酢(大1)、砂糖(小1)、塩(小1/4)を合わせて<甘酢>を作る。
5.(3)の生姜とミョウガを(4)の甘酢にすぐ漬ける。
6.(5)の生姜とミョウガの甘酢漬けの水気を軽く切り、ご飯と混ぜ合わせる。
7.卵は溶いて塩をひとつまみ入れ、フライパンで煎り卵をつくる。
8.(6)のご飯をお弁当箱につめ、炒り卵をちらし、塩抜きした桜の花の塩漬けを飾ったら、できあがり。

【セロリの牛肉巻き】【タケノコのオイル焼き】
1.セロリを牛肉で巻き、強力粉をからめる。
2.フライパンにオリーブオイルを熱し、牛肉を転がしながら焼き、その際タケノコも一緒に入れて焼く。
3.タケノコを取り出して、濃口しょうゆと花かつおをからめる。
4.(2)の牛肉が焼けたら、フライパンの余分な油をペーパーでふき取る。
5.酒、濃口しょうゆ、みりん、砂糖それぞれ小さじ1を加えて加熱し、牛肉にからめ味付けしたら、できあがり。
Copyright (C) RCC BROADCASTING CO.,LTD. All rights reserved.