料理
2012/4/2 (月)
鯛と春野菜のスープ煮
料理人:柿崎不二子
料理画像
  • <楽ワザ> タイに強力粉を付けて焼き、身崩れを防ぐ
  • <うまワザ>魚介から出るダシ汁でうまみをアップ!
料理人 柿崎不二子
料理教室 テッラ・カーサ
広島市中区鶴見町10−10 ウォームハートテラス502
電話番号:082−274−8799
QRコード 携帯でもレシピをご覧いただけます。 印刷
【2人分】
≪材料≫
タイの切り身(中骨を取ったもの)=2切れ
アサリ(砂抜きしたもの)=200g
アスパラガス=2本
タケノコの水煮=100g
水=100ml
オリーブ油=大2
強力粉=適量
塩=適量
コショウ=適量
作り方
≪作り方≫
  1. アサリは3%の塩水(1リットルに対し塩大さじ3)に浸け、暗いところに約1〜2時間おき、よく水洗いする
  2. アスパラガスは根元の硬い部分を切り、斜め細切りにする。タケノコは、薄切りにする
  3. タイの切り身は皮面に2ヶ所、平行に切れ目を入れ、塩、コショウで味をつける。強力粉を全体に付けて軽くたたき、余分な粉を取る
  4. フライパンにオリーブ油を入れて熱し、タイの皮面を下にして強火で押さえながら約1分焼く
  5. タイに焼き色がついたら裏返し、そこに(1)のアサリ、(2)のアスパラガス、タケノコ、水を入れ、フタをして中火で約1〜2分アサリの口が開くまで加熱する
  6. フタをあけ、塩、コショウで味を調え、器に盛り付ける。※お好みで桜の塩漬けの塩を抜き(流水で洗い、約5分水に浸ける)して、水気をきって、仕上げに添える
(調理時間 約10分)
Copyright (C) RCC BROADCASTING CO.,LTD. All rights reserved.