料理
リニューアルしました。新しいサイトはこちら>>
2015/11/12 (木)
ほうれん草とシメジのお浸し
料理人:河副多佳子
料理画像
  • 楽ワザ:味噌こしに入れたカツオブシの上から熱湯を注ぐことで手早くだしを取れる。
  • うまワザ:シメジは乾煎りして香ばしさを出し、酒をふってうま味を引き出す。
  • 楽ワザ:束ねたホウレンソウは輪ゴムで止めておくとバラけず、作業が簡単!
料理人 河副多佳子
フードコーディネーター/ママのアイデア研究会・代表理事/料理教室「キッチンスタジオ・マム」
広島市中区光南2−20−18−703
電話番号:082−245−9452
受付時間:9:30〜18:00
QRコード 携帯でもレシピをご覧いただけます。 印刷
【2人分】
材料
ホウレンソウ・・・1把
シメジ・・・1パック
酒・・・小さじ1
塩・・・少々
ユズ皮千切り・・・適量

浸し地
カツオ節・・・5g
みりん・・・20ml
薄口しょう油・・・20ml
顆粒昆布だし・・・小さじ1/4
熱湯・・・180ml

ホウレンソウの茹で用調味料
湯・・・1.5L
塩・・・大さじ1
冷水・・・適量
作り方
≪作り方≫
  1. 浸し地を作る。薄口醤油、みりんを耐熱容器に入れ、ラップをかけずに電子レンジ500Wで約50秒加熱。
  2. 電子レンジから取り出し、顆粒昆布だしを加えて混ぜ、味噌こしなどに入れたカツオブシの上から熱湯180mlをゆっくり回し入れながら注ぎ、冷ましておく。
  3. シメジは石づきを取り除き小房に分けるフライパンに入れて塩少々をふり、中火強で乾煎りする。
  4. しんなりしてくれば酒小さじ1を回し入れて水分が飛ぶまで煎り、取り出し冷ましておく。
  5. サッと洗ったホウレン草は根元に十文字に1〜2cm深さで切込みを入れる。溜めた水の中で根元をしっかり洗い、茹でやすいように束ねた中央を輪ゴムで止める。
  6. 鍋に1.5Lの湯を沸かし、塩大さじ1を入れて溶かす。輪ゴムで束ねたホウレンソウの根元を浸けて約30秒。全体を鍋に入れて上下を入れ替えて約30秒茹でる。水にとって冷まし、軽く絞って4〜5cm長さに切って、さらにきつく絞っておく。
  7. 炒めたシメジと茹でたホウレン草をボウルに入れて浸し地を注ぎ、ゆずの千切りを加える。ほぐすように全体を混ぜ合わせる。最低5分はおいて味を含ませ器に盛り、浸し地少量をかける。
Copyright (C) RCC BROADCASTING CO.,LTD. All rights reserved.