料理
リニューアルしました。新しいサイトはこちら>>
2016/5/19 (木)
さつま揚げとピーマンのきんぴら
料理人:河副多佳子
料理画像
  • 基本のキ:さつま揚げを湯通しすることで、味のなじみをよくする。
  • 楽ワザ:ピーマンは外側を削ぎ取るように切って種の飛び散りを防止。繊維に沿って切ることで苦味を抑える。
  • うまワザ:合わせ調味料に豆板醤を加えて風味アップ。
料理人 河副多佳子
フードコーディネーター/ママのアイデア研究会・代表理事/料理教室「キッチンスタジオ・マム」
広島市中区光南2−20−18−703
電話番号:082−245−9452
受付時間:9:30〜18:00
QRコード 携帯でもレシピをご覧いただけます。 印刷
【2人分】
材料
さつま揚げ(魚すり身天ぷら)・・・約150g
ピーマン・・・4個(約100g)
ニンジン・・・1/4本(約30g)
ゴマ油・・・大さじ1
白すりゴマ・・・大さじ1/2

合わせ調味料
砂糖・・・大さじ1
しょう油・・・大さじ1
みりん・・・大さじ1
豆板醤・・・小さじ1/2


作り方
≪作り方≫
  1. さつま揚げは熱湯をくぐらせて油抜きをし、水けをよく切って、7〜8mm幅に切る。
  2. ピーマンは縦のふくらみに沿って、お尻の方からヘタの方へ芯をよけて外側を削ぎ取るように、数回に分けて切り分け、繊維の沿って4〜5mm幅に切る。
  3. ニンジンは千切りにする
  4. フライパンにゴマ油を中火で熱し、切ったさつま揚げを入れうっすら焼き色がつくまで炒める。
  5. さつま揚げに焼き色がつけば、ピーマン、ニンジンを加えて、さらに炒める。 
  6. 合わせた調味料を回し入れ、全体に絡むように炒め合わせる。
  7. 器に盛り、すりゴマをかければ完成。
Copyright (C) RCC BROADCASTING CO.,LTD. All rights reserved.