料理
リニューアルしました。新しいサイトはこちら>>
2016/12/8 (木)
ゴボウの甘辛揚げ
料理人:河副多佳子
料理画像
  • 楽ワザ:ゴボウの皮はネットでこすることでうま味を逃がさず、手早くできる。
  • うまワザ:米粉をまぶせば、油の吸収が抑えられ、揚げ上がりが軽い。
  • うまワザ:甘辛ダレは黒酢と黒砂糖を加えてコクと風味をプラス。
料理人 河副多佳子
フードコーディネーター/ママのアイデア研究会・代表理事/料理教室「キッチンスタジオ・マム」
広島市中区光南2−20−18−703
電話番号:082−245−9452
受付時間:9:30〜18:00
QRコード 携帯でもレシピをご覧いただけます。 印刷
【2人分】
材料
ゴボウ大・・・1本(約200g)
煎りゴマ・・・大さじ1・1/2
米粉(片栗粉でも可)・・・大さじ1
揚げ油・・・適量
サラダ菜など添え野菜・・・適量

甘酢だれ
しょう油・・・大さじ1
みりん・・・大さじ1
水・・・大さじ1
黒酢・・・大さじ1/2
黒砂糖(酢、砂糖でも可)・・・大さじ1/2
ハチミツ・・・10g
豆板醤・・・小さじ1/4


作り方
≪作り方≫
  1. ゴボウは1本を1/2〜1/3の長さに切る。洗って土を落とし、ネット(野菜が入っているビニール製のネット)でこすって皮をこそげる。皮をこそげたらサッと洗う。
  2. ラップに包んで、電子レンジ500Wで2分加熱して粗熱を取る。 
  3. 粗熱を取ったゴボウを6〜7cmの長さに切り、さらに太い部分は縦1/4に、細い部分は縦1/2に切る。 
  4. ゴボウの水分をキッチンペーパーで軽くふき、ビニール袋に入れて米粉を加え、ふって全体にしっかりまぶす。
  5. フライパンに1cmぐらい油を入れ、170℃に熱する。下ごしらえしたゴボウを入れて、ときどき返しながら焦げ目がつくまで揚げ焼きにし、取り出して油をきる。
  6. 甘辛ダレ材料を合わせて小さ目のフライパンに入れ、中火にかける。泡がブクブクしてきたら、?を一気に入れて全体に絡める。絡まったらゴマをふり、全体にまぶして器に盛る。
Copyright (C) RCC BROADCASTING CO.,LTD. All rights reserved.