料理
2017/7/11 (火)
冷たい水餃子
料理人:代 康徳
料理画像
  • 白菜は塩を加えて水分を出すことによって、ぎょうざの中身が水っぽくなるのを防ぐ。また、白菜のシャキッとした食感が出る。
  • 鶏ミンチに生姜を加えることで鶏肉の臭みを抑え、水を加えることで具を柔らかくする。
  • 盛り付けるときは、水っぽくならないよう 水をしっかりと切る。
料理人 代 康徳
広島四川飯店
広島市中区紙屋町二丁目3-4 広中ビル 2F
電話番号:082-541-7511
営業時間:11:30〜14:30(ラストオーダー14:00) / 17:30〜22:30(ラストオーダー22:00)・火曜定休
QRコード 携帯でもレシピをご覧いただけます。 印刷
【3人分】
材料
白菜・・・150g
塩・・・小さじ1
青梗菜・・・1株
大葉・・・3枚
鶏ひき肉・・・100g
餃子の皮・・・20枚
ラー油・・・適量
《鶏肉用下味》
塩・・・ひとつまみ
しょうゆ・・・少々
生姜すりおろし・・・少々
水・・・大さじ1強
合わせダレ
ニンニクすりおろし・・・3g
かばやきのタレ・・・50g
しょうゆ・・・5g
練りゴマ・・・50g


作り方
≪作り方≫
1、 白菜をみじん切りにして、塩と一緒にビニール袋に入れ、混ぜておく。
2、 青梗菜は縦に4等分に切り、形をそろえておく。大葉はみじんに切る。
3、ボウルに鶏ひき肉と下味調味料を入れてしっかり練る。そこへ1の白菜の水分をしっかり切って加え、
  混ぜ合わせる。さらに、大葉も加えて合わせる。
4、ぎょうざの皮で3を包む。
5、たっぷりの湯で、4の餃子をゆでる。途中で青梗菜を加え、ゆであがりを合わせる。
6、合わせタレの材料をすべて混ぜ合わせる。
7、餃子が茹で上がったら、氷水に落としてしっかりと冷やす。
8、冷えたらしっかり水分を切って盛り付け、合わせたタレとラー油をかける。
Copyright (C) RCC BROADCASTING CO.,LTD. All rights reserved.