料理
リニューアルしました。新しいサイトはこちら>>
2017/7/20 (木)
鶏のピリ辛照り焼き
料理人:河副多佳子
料理画像
  • 鶏肉の下味に、昆布茶を使ってうま味をアップ
  • 味の決め手となるスパイスは全部合わせて風味をアップ
  • 鶏肉はヘラで押さえながら焼いて、皮目全体に焼き色を。
  • タレを先に煮詰めることで調理時間を短縮。
料理人 河副多佳子
フードコーディネーター/ママのアイデア研究会・代表理事/料理教室「キッチンスタジオ・マム」
広島市中区光南2−20−18−703
電話番号:082−245−9452
受付時間:9:30〜18:00
QRコード 携帯でもレシピをご覧いただけます。 印刷
【2人分】
材料
鶏もも肉・・・大1枚
白ネギ…1本
シシトウ…6本
片栗粉…大さじ1
粉山椒、粗びき黒コショウ、一味唐辛子…各小さじ1/4
サラダ油…大さじ1
《A》
酒…大さじ1/2
昆布茶…小さじ1/4
片栗粉…大さじ1
《照り焼きダレ》
酒、みりん…各大さじ2
醤油…大さじ1.5
ハチミツ(なければ砂糖)…大さじ1
砂糖、小さじ1


作り方
≪作り方≫
1)鶏肉は余分な脂と皮を取り除き、身の厚い部分に部分に包丁を入れて開いて厚みを均等にする。更にフォークで皮目を数ヵ所刺す。4等分に切り分け、《A》の酒・昆布茶を振って10分程置いた後、《A》の片栗粉をまぶす。
2)白ネギは3〜4cm長さに切り、両面に浅く切り込みを入れる。シシトウは縦に1本浅く切り込みを入れる。粉山椒、粗びき黒コショウ、一味唐辛子をよく混ぜ合わせる。
3)照り焼きダレの調味料を混ぜ合わせる。
4)フライパンにサラダ油(大さじ1/2)を中火で熱し、(1)の鶏肉を皮目を下にして並べ、ヘラなどで時々強く抑えながら、焼き目がつくまで3〜4分焼く。上下を返して少し火を弱める。蓋をして、更に2〜3分、火が通るまで焼いてさらに取り出す。
5)フライパンにサラダ油(大さじ1/2)を足し、中火で(2)の白ネギとシシトウを転がしながら焼き、焦げ目がついたら取り出す。
6)フライパンの油をキッチンペーパーでふき取り、(3)のタレを入れて中火強で煮詰める。
7)(4)と(5)をフライパンに戻し、全体を絡めながらタレにとろみがつくまで煮詰める。
8)器に盛って、(2)のスパイスをお好みで振りかけてできあがり。
Copyright (C) RCC BROADCASTING CO.,LTD. All rights reserved.