料理
リニューアルしました。新しいサイトはこちら>>
2017/8/4 (金)
夏野菜のっけ丼とゴーヤの佃煮
料理人:花井 綾美
料理画像
  • 卵は8割がた火が入ったところで火を止める。完全に火が通ってしまうと、余熱でかたくなってしまう。
  • ゴーヤーの煮汁のほろ苦い味がアクセントになって美味しい。
料理人 花井 綾美
野菜ソムリエ上級プロ

QRコード 携帯でもレシピをご覧いただけます。 印刷
【2人分】
材料
長芋・・・約5センチ
ナス・・・1本
ししとう・・・6本
ミョウガ・・・1本
大葉・・・4枚
卵・・・2個
めんつゆ・・・適量
ご飯・・・茶碗2杯分
サラダ油・・・適量
ゴーヤーの佃煮
ゴーヤー・・・2本(500g)
砂糖・・・100g
しょうゆ・・・50ml
酢・・・50ml


作り方
≪作り方≫
《夏野菜のっけ丼》
1、長芋をすりおろす。
2、ナスは3センチ長さに切る。ミョウガは細い輪切り、大葉は千切りにする。
3、卵を溶いて、サラダ油適量を熱したフライパンでスクランブルエッグを作って取り出す。
4、3のフライパンをペーパーで拭き取ってきれいにし、新しくサラダ油を多めに入れ、ナスとシシトウを入れ
  フタをして中火で蒸し炒めする。時々様子をみて裏返し、ナスがしんなりするまで火を通す。
5、どんぶりにご飯を入れて、長芋のすりおろし、スクランブルエッグ、野菜、ゴーヤの佃煮の順に盛り付ける。
6、食べる直前にめんつゆとゴーヤの佃煮の煮汁を少々回しかける。

《ゴーヤーの佃煮》
1、ゴーヤーは縦半分に切って種を取り、5ミリ幅にスライスして、熱湯で約20秒ゆでる。
2、水気を切ったゴーヤーと砂糖100g、しょうゆ50ml、酢50mlを鍋に入れ、ゴーヤーがやわらかくなるまで煮詰める。
Copyright (C) RCC BROADCASTING CO.,LTD. All rights reserved.