料理
リニューアルしました。新しいサイトはこちら>>
2017/12/7 (木)
大根と鶏手羽のあっさり煮込み
料理人:河副多佳子
料理画像
  • 時間のかかる大根の下茹では電子レンジで時間短縮!
  • 鶏手羽元は酒を振りかけて火を通し、臭みを和らげる。
  • 柚子の皮の千切りをのせて、風味をアップ。
  • 昆布水を使って本格煮物を手軽に。
料理人 河副多佳子
フードコーディネーター/ママのアイデア研究会・代表理事/料理教室「キッチンスタジオ・マム」
広島市中区光南2−20−18−703
電話番号:082−245−9452
受付時間:9:30〜18:00
QRコード 携帯でもレシピをご覧いただけます。 印刷
【2人分】

大根・・・1/3〜1/4本(約350g)
鶏手羽元・・・4本
水・・・大さじ2
酒・・・大さじ2
塩・・・少々
柚子の皮(千切り)・・・適量
貝割れ菜・・・適量


<水溶き片栗粉>
片栗粉・・・小さじ2
水・・・小さじ4

<煮汁>
昆布水・・・400ml
みりん・・・大さじ2
薄口しょうゆ・・・大さじ1.5
顆粒和風だし・・・小さじ1弱


作り方
≪作り方≫
1.大根は1.5cm幅の輪切りにしてから厚めに皮をむき、半月切りにする。

2.切った大根を耐熱皿に並べ、水を回しかけ、ふんわりラップをかけて電子レンジ600Wで6〜7分加熱する。加熱し終わったら、ザルにあげて水気を切る。

3.鶏手羽元は皮目の反対側の骨に沿ってハサミで切れ目を入れて、外側に開き、塩少々をもみこむ。

4.鍋に(3)の鶏手羽元と酒を入れ、中弱火で鶏肉の表面の色が変わるまで水分を飛ばしながら火を通す。

5.(4)に昆布水(下記参照)を加え、強火で煮立たせ、煮立ったらアクを取り、中弱火にする。

6.(2)の大根、みりん、顆粒和風だし、薄口しょうゆを加えてアルミホイルで落とし蓋をする。

7.ことこと煮立てながら、約20分煮る。

8.片栗粉と水を合わせ、水溶き片栗粉を作り、鍋にまわしかけ、とろみをつける。

9.とろみがついたら皿に盛り、柚子の皮、貝割れ菜をのせて、できあがり。

※昆布水(作りやすい分量)
・水(1ml)にだし昆布(10g)を浸けて、3時間〜一晩おく。
(保存は冷蔵庫で!)
Copyright (C) RCC BROADCASTING CO.,LTD. All rights reserved.