料理
リニューアルしました。新しいサイトはこちら>>
2018/8/9 (木)
大長ナスとしし唐の揚げ浸し
料理人:河副多佳子
料理画像
  • かつお節はレンジ加熱で風味をアップ!
  • ナスは皮目から高温の油に入れると、色鮮やかにしあがり、油っぽくなりにくい。
  • ダイコンは角のあるほうからすりおろすと、楽にすりおろせ、皮をむく手間も省ける。
  • 浸しつゆを冷たくしておくと、味がよくなじみ、色止めにもなる。
料理人 河副多佳子
フードコーディネーター/ママのアイデア研究会・代表理事/料理教室「キッチンスタジオ・マム」
広島市中区光南2−20−18−703
電話番号:082−245−9452
受付時間:9:30〜18:00
QRコード 携帯でもレシピをご覧いただけます。 印刷
【2人分】

大長ナス・・・1本(300g弱)
しし唐・・・8本
大根・・・150g(約4cm分)
カツオ節・・・1パック(2.5g)
すりおろしショウガ・・・1片分
揚げ油・・・適量
<浸しつゆ>
麺つゆ(2倍濃縮)・・・80ml
昆布水(冷水でも可)・・・80ml
赤唐辛子輪切り・・・適量
作り方
≪作り方≫
1.カツオ節は耐熱皿に広げ、ラップなしで20秒加熱する。
2.しし唐は茎を落とし、包丁で縦に1本、切れ目を入れる。
3.ナスはヘタを落とし5等分に切ってから、縦半分に切り、それぞれの皮目に斜めの切れ目を入れる。
4.フライパンの底から2〜3cm程度、揚げ油を入れ170℃に熱する。
5.(4)にしし唐を入れ、サッと揚げて油を切る。
6.その後、揚げ油を180℃に熱し、ナスの皮目を下にして入れ、途中でひっくり返し、ナスが柔らかくなるまで揚げ、
(揚げ時間は約3分)油を切る。
7.大根は皮つきのまま4等分の厚みのあるイチョウ切りにする。
8.角のある方からおろし器で、皮ぎりぎりまですりおろし、軽く水気を切る。
9.冷蔵庫から出したての麺つゆと昆布水を合わせ、冷たい<浸しつゆ>を作る。
10.(9)にナスとしし唐を浸け、輪切り唐辛子を散らす。粗熱がとれれば、30分程度冷蔵庫で冷やす。
11.(10)が冷えたら、浸しつゆごと器に盛り、(1)のかつお節、大根おろし、すりおろしショウガをのせて、できあがり。
Copyright (C) RCC BROADCASTING CO.,LTD. All rights reserved.