料理
リニューアルしました。新しいサイトはこちら>>
2018/8/30 (木)
そうめんで明太子おやき
料理人:河副多佳子
料理画像
  • そうめんは短くしておくと焼くときにまとまりやすい。
  • 明太子は酒でゆるめておくと生地になじみやすい。
  • 裏面を焼くときにゴマ油を足して、表面をカリカリに仕上げる。
料理人 河副多佳子
フードコーディネーター/ママのアイデア研究会・代表理事/料理教室「キッチンスタジオ・マム」
広島市中区光南2−20−18−703
電話番号:082−245−9452
受付時間:9:30〜18:00
QRコード 携帯でもレシピをご覧いただけます。 印刷
【2人分】

そうめん・・・1束
明太子・・・小1腹(正味約30g)
刻みからし高菜・・・20g
長芋・・・1cm分(約50g)
片栗粉・・・10g
ゴマ油・・・大さじ2
酒・・・小さじ1
鶏ガラスープ・・・小さじ1/2
刻みノリ・・・適量
作り方
≪作り方≫
1.そうめんは表示通り茹でて、冷水で揉み洗いして水気を切る。
2.(1)をボウルに入れ、キッチンばさみを数回入れて短くしておく。
3.明太子は薄皮をとってほぐし酒をふりかけてゆるめ、長芋は皮をむいてすりおろす。
4.(2)のボウルに長芋、片栗粉、鶏ガラスープ、高菜、明太子の順に入れてその都度よく混ぜ合わせる。
5.フライパンに分量の半量のゴマ油(大1)を中火で熱し、(4)を6等分にし、丸く広げて焼く。
6.中火〜中火強で裏面がカリッとこんがり焼き色がつくまで焼いてから、裏返す。
7.ぎゅっとおさえて、形が整えば残りのゴマ油(大1)を入れ、生地の底に回し4〜5分焼く。
8.両面がこんがり焼ければ、取り出して器に盛り、刻みノリを散らして、できあがり。
Copyright (C) RCC BROADCASTING CO.,LTD. All rights reserved.