料理
リニューアルしました。新しいサイトはこちら>>
2018/10/18 (木)
厚焼きたまごサンドボックス
料理人:河副多佳子
料理画像
料理人 河副多佳子
フードコーディネーター/ママのアイデア研究会・代表理事/料理教室「キッチンスタジオ・マム」
広島市中区光南2−20−18−703
電話番号:082−245−9452
受付時間:9:30〜18:00
QRコード 携帯でもレシピをご覧いただけます。 印刷
【2人分】
【厚焼きたまごサンンド】
食パン(6枚切り)・・・・4枚
バター・・・10g
マヨネーズ・・・大さじ2
粒マスタード・・・小さじ1
コンデンスミルク・・・小さじ1/2
ケチャップ、レタス、好みの果物・・・各適量
〈厚焼きたまご〉
タマゴ・・・4個
牛乳・・・60ml
マヨネーズ・・・大さじ1
顆粒コンソメ・・・小さじ1

【鶏胸のカレーソテー】
鶏ムネ肉・・・120g
薄力粉・・・大さじ1
酒・・・小さじ2
砂糖・・・小さじ1
サラダ油・・・小さじ1
麺つゆ(2倍濃縮)・・・小さじ1
カレー粉・・・小さじ1/4強
塩・・・少々
カイワレ・・・少々
【豆サラダ】
冷凍エダマメ・・・20さや
ミニトマト・・・6個
クリームチーズ・・・1切れ(18g)
バジルの葉・・・1枚
オリーブオイル・・・大さじ1/2
レモン汁・・・少々
塩・・・少々
粗びき黒コショウ・・・少々

作り方
≪作り方≫
<厚焼きたまご>
1.マヨネーズと卵を合わせて溶きほぐし、牛乳、顆粒コンソメを混ぜ合わせる。
2.レンジ加熱ができる容器にラップをしき、流し入れる。
3.ラップまたは容器のフタを軽くかぶせ、電子レンジ600Wで2分30秒加熱する。
4.いったん取り出し、菜箸などでザッとかき混ぜ、再度ラップをかぶせ、600Wで1分加熱する。
5.取り出し、アルミホイルをかぶせて、形を整え粗熱を取る。
6.粗熱が取れたら容器から出し、2等分にしたら、できあがり。

【厚焼きたまごサンド】
1.バターと粒マスタードを混ぜ合わせる。
2.マヨネーズとコンデンスミルクを混ぜ合わせる。
3.食パン4枚の片側に(1)のバターと粒マスタードを合わせたものを塗り、その上に(2)のマヨネーズとコンデンスミルクを合わせたものを塗り、レタスをのせる。
4.食パン1枚に<厚焼きたまご>の切り分けた卵焼きをのせ、卵焼きの上にケチャップを絞り、食パンもう1枚をのせ、なじませる。
5.同様にもう一組作れば、できあがり。

【豆サラダ】
1.エダマメはさやから出して、水気を取る。
2.ミニトマトはヘタを取り、縦半分に切る。
3.エダマメ、ミニトマトをボウルに入れ、クリームチーズ、バジルの葉を細かくちぎって加え、調味料すべてを入れて、よく混ぜ合わせたら、できあがり。

【鶏胸のカレーソテー】
1.鶏ムネ肉は7〜8mm幅に切り、さらに食べやすい大きさに切る。
2.(1)をビニール袋に入れ、袋の上からすりこ木などで、叩く。
3.(2)に砂糖、酒(小1/2)、カレー粉の順にもみ込む。
4.(3)に薄力粉を加えて全体にまぶす。
5.フライパンにサラダ油を中火で熱し、鶏肉を並べ入れて焼く。
6.焦げ目がつけば返して、残りの酒を回し入れ、フタをして中火弱で蒸し焼きする。
7.火が通れば、フタを取り麺つゆを加えて絡めたら、できあがり。

たまごサンドを半分に切り、一組を容器に詰める。
鶏胸のカレーソテー、豆サラダ、果物の半量詰め、カレーソテーにカイワレを散らす。
同様にもう一組を詰める。
Copyright (C) RCC BROADCASTING CO.,LTD. All rights reserved.