TOPに戻る
2019
2018
2017
2016
2015
2014
2013
2012
2011
2010
TOPに戻る
 
 

2010年6月13日(日)放送

☆宮島・島の暮らし(2)
日本三景といえば、京都「天橋立」宮城「松島」そして…、広島の「宮島」。
世界遺産にも登録され世界で最も有名な島のひとつです。
その島での暮らしにスポットを当てた第2弾、宮島の玄関・宮島桟橋や宮島の伝統工芸をアンガールズ山根サムライ、吉田アナ町娘が紹介します。
さらに宮島の学校給食で使われる野菜は宮島で採れた物、なんと80歳を越えるお婆ちゃんが作っています。島で野菜が作られていることに驚く2人、さらに島で暮らす人ならではの憩いの場所を和佐アナ町娘が訪ねます。

  •  
  •  
  •  

日本三景・宮島(2010年)

曲がりくねった道は海岸の名残(宮島桟橋付近)

1959年(昭和34年)
宮島水族館の前身
「広島県水産資源研究所」開設

後に、宮島町営の水族館へ

2008年(平成20年)休館

船でしか見ることの出来ないスポット

包ヶ浦神社

江戸時代の海の灯台

弥山を隔てた地区に農家が点在

宮島・大砂利地区

戦後、食料困難を克服するための募集に応じた開墾者たち

宮島の学校給食に使われる野菜をつくる古本さん

宮島のくらし「宮島ナイトスポット」

宮島café「バンビーノ」

廿日市市宮島町536-9

電話:0829-44-1415

ヘブンズ・ドアー 850円

宮島のくらし「宮島ナイトスポット」

旅荘かわぐち「Bar 伊兵衛」

廿日市市宮島町469

電話:0829-44-0018

市杵島(いちきしま)700円

宮島の舗

ひろ川

廿日市市宮島町1-8

電話:0829-44-2504

宮島彫り

伝統工芸士 広川さん

吉舎町(現 三次市吉舎町)
後藤ベーカリー吉舎町374-1
電話:0824-43-2023
山の芋まんじゅう 1個80円
吉舎町名産の山の芋
山の芋生産者 栗本さん『手間ひまかけるからネバリ強くなる』