~協同の力で支え合おう!広島~

「平成30年7月豪雨」により、広島県農業は甚大な被害を受けました。
JAグループ広島は、生産者とともに、広島県農業の復旧・復興に全力で取り組んでまいります。


生産者:北広島町 丸住 隼一さん 39歳

北広島町が行う新規就農者研修を受け農業を初めて1年目。芸北地域特産の夏のホウレンソウを栽培している。
以前は実家の飲食店で働き料理もこなしていた。その経験をいかしておすすめの食べ方も提案。良いものを作るために、常にホウレンソウの「表情」に目を配り、その変化に気づくことを心がけている。
これからは農業を通して地域の中で社会貢献もしていきたいと抱負を語る。



放送動画再生


タグ:男性 野菜

生産者:広島市 清木 尚生さん 40歳

トマトを栽培し、JA広島市可部支店で開催されている農産物直売所「よがんす可部」に出荷している。
祖父が可部で初めてハウス栽培のトマトを作ったと言われている。ずっと作られてきたものを受け継いでいくことはしんどい部分もあるが、それがやりがいにもつながっているという。
生産者組織「よがんす可部出荷組合」の組合長もつとめ産地の維持と消費者との架け橋役も担っている。



放送動画再生


タグ:男性 野菜

生産者:呉市 藤岡 美菜さん 30歳 

農業を始めて2年目。35種類のハーブを栽培している。高校時代に体調を崩し、外出できない日々を経験した。
祖母が残してくれた庭と土地でハーブ作りを始めたのがきっかけとなって、少しずつ復調し「心の財産をみつけられたのかな」と感じている。
ハーブの力強い生命力を知ってもらい、自分のように病気で苦しんでいる人の手助けになりたいという。



放送動画再生


タグ:女性 その他

生産者:庄原市 比和町 香川 通昭さん 41歳 

自動車整備士と米作りを行う法人を3年前に立ち上げた。
農業の担い手が少なくなっていくなか、比和町の農業をどうにか守っていけないかとの思いがあった。農業は毎年が勉強で、そこには面白さも感じるという。
みんなの力で楽しく農業ができる環境を作り、次の世代に受け継げるような担い手を目指している。
    



放送動画再生


タグ:男性

生産者:庄原市 西城町 下宮 直城さん 44歳

実家の農園をついで24年目。野菜苗を作ってJAやホームセンターへ出荷している。
苗作りに適した気候で接木苗を育てると、長い期間収穫できたり、病気に強い苗になるという。「毎日の成長が見られるので楽しみ」と感じている。
父が建てた小さな「城」で作業中に一休みするのが日課。太陽の下で仕事ができることがとても気持ちの良いと農業の魅力を語る。



放送動画再生


タグ:男性 野菜

JAグループ広島