生産者:安佐南区 山本 真也さん 36歳

5年前に新規就農し沼田町戸山地区で主に水菜を作っている。イギリスに留学し造園関係の勉強をしていた。その時に農村の風景を残すことの大切さを感じ、農業を始める決意をした。戸山地区には若手の新規就農者が多く心強いという。
「自分たちが普通に農業をやって行けば自然と農村の風景も守っていける」という。



放送動画再生

タグ:野菜 男性

生産者:北広島町 岩本 晃臣さん 47歳

約30年前に芸北地域で栽培の始まった特産のりんごを生産する。自営業を経て7年前に就農。もともとあったりんご園を引き継いだ。少しでも長い期間出荷出来るように20品種以上のりんごがある。
ジュースやジャム、干しりんごなどの加工品も作り、年間を通して芸北りんごの味を楽しめるように工夫している。先輩たちが築いた産地を守って行きたいという。



放送動画再生

タグ:果実 男性

生産者:安芸大田町 沖 貴雄さん 24歳

県立農業技術大学校を卒業して2014年に新規就農し専業農家になる。年間を通じて葉もの野菜を作り夏場はほうれん草の出荷に追われる。地域の休耕田を借りて栽培面積を増やしている。農業は頑張った分だけ還って来る楽しさがあるという。目標は県内でトップクラスの生産者になること。



放送動画再生

タグ:野菜 男性

生産者:北広島町 佐渡 仁美さん 26歳

広島市出身。北広島町でスキーを習うために芸北の高校に入学する。今年4月から農事組合法人の一員として農業を始めた。この時期はキャベツの種まきや定植、畦の草刈りなどに追われる。農業は初めての経験だが先輩の指導で作業に汗を流す日々。質の良いものを消費者に届けていきたいという。



放送動画再生

タグ:野菜 女性

生産者:安佐南区高取 武内 誠さん 30歳

元レーサーという異色の経歴を持つ。ひとりで農業をしていた父親の手助けになればと7年前に就農。ハウス栽培で小松菜などを作る。高校時代からの友人も脱サラして一緒に農業を始めた。本格的に農業を始め、今では当初の2倍まで面積が増えている。儲かる農業を実践することで就農を考える若い人たちの手本になればという。



放送動画再生

タグ:野菜 男性

生産者:佐伯区湯来町 久保 祐二さん 35歳

古くから酪農が盛んな砂谷地区の後継者。幼い頃から牛を身近に感じて育って来た。砂谷の牛乳は主に広島市内に出荷されるため、鮮度の高い牛乳を届けることができる。良質の牛乳を搾るために1頭ずつの健康管理や自給した餌を与えるなどの努力がある。イベントにも積極的に参加し消費者の反応も探る。将来は牧場内にカフェを作りたいという夢がある。



放送動画再生

タグ:畜産 男性

生産者:安佐南区戸山 石井 裕二さん 38歳

陸上自衛隊から転身し、奥さんの実家がある戸山地区で就農した。「農事組合法人 戸山の郷 中王」の一員として主に米を作る。今年も稲刈が始まった。農薬の使用を抑えるなど周辺の環境に配慮した結果、一時期姿を消していた赤とんぼが戻って来た。若い農家が増えるように準備をしていきたいという。



放送動画再生

タグ: 男性

生産者:安佐南区吉山 野稲 正至さん 40歳

2年前に就農。生まれ育った集落にある農事組合法人よしやまで働いている。9月は漬け物用の広島菜を植え付ける作業に追われる。消費者との交流を図る場として農業体験にも取り組む。自然の中で働けることがなにより楽しいという。



放送動画再生

タグ:野菜 男性

生産者:広島市安佐南区 今田典彦さん 35歳

8年前に広島市の新規就農支援事業を受けて就農。小松菜、広島菜、バジルなどを栽培。地域の飲食店と連携してドレッシングなどの加工品作りも行う。



放送動画再生

タグ:野菜 男性

JAグループ広島