生産者:三原市高坂町  久和田 一夫さん 46歳

夏から秋にかけて収穫される「仏通寺ぶどう」の生産者。
2月は剪定作業が行われるが、剪定の仕方で実のつき方が変わってくるほど大切な作業。
昭和30年代から始まった歴史のあるぶどう産地も高齢化が進み、生産者が半減した。
若い研修生も受け入れ次の世代につなげていこうとしている。また、冬場に出荷する白ねぎ栽培にも挑戦している。



放送動画再生

JAグループ広島