東広島市河内町 安本 明雄さん 34歳

宇山地区にある農事組合法人に就農して5年目を迎える。担当はアスパラガス。
良質のアスパラガスを栽培するために様々な工夫をしている。
そのひとつが根をしっかり伸ばすための水の管理。
ハウス内の土を握った感触で最適な状態が分かるようになった。
それに伴い、収穫量も増えて来た。
家族も増え地域の農業のため、そして家族のためにも努力を続けていきたいという。


放送動画再生

タグ:男性 野菜

生産者:東広島市黒瀬町 北台 昇平さん 35歳

主に玉ねぎや人参を東広島市の学校給食や産直市に出荷している。
学校給食に地産地消を取り入れることで、子ども達が新鮮なものを食べられることの大切さを感じるという。
また、東広島市の若手生産者がミニ白菜の産地化に取り組んでおり、北台さんも今年から栽培を始めた。
農業はやりがいのある仕事なので、興味がある人に始めて欲しいと思いを語る。



放送動画再生


タグ:野菜 男性

生産者:東広島市志和町 須澤 勝己さん 49歳

7年前、主にぶどうを栽培する果樹園を立ち上げた。
後発産地のため特色を出そうと8月から12月にかけて19品種を販売している。
箱のデザインには子どもの絵が描かれており「子どもが美味しく食べることができるぶどうを作りたい」という思いが込められている。
先進産地に負けないためにも、すべての品種の栽培技術を高めていきたいという。



放送動画再生


タグ:果実 男性

生産者:東広島市西条町 坂田 一樹さん 44歳

広島市内で飲食店グループを展開する企業の農業部門責任者として野菜作りを始めた。
農薬を使わずに作ることを基本としているため主に無農薬でも作りやすい種類を栽培している。
味が良くても作りにくい地域在来種の栽培にも取り組み、他の農家と連携して生産量を増やそうという働きかけも行う。


放送動画再生

タグ:野菜 男性

生産者:三原市大和町 平野 孝実さん 37歳 

父親が続けて来た稲作の後継者として就農した。田植えや稲刈り作業の受託もこなす。
米作りのかたわら、キャベツや白ネギ栽培も始めた。 
特に白ネギは、栽培が難しいとされる春に収穫する「春ネギ」にも挑戦している。
他でやっていないことにチャレンジできるのが楽しいと農業の魅力を語る。


放送動画再生

タグ: 男性

生産者:三原市大和町 金原 貴生さん 36歳


大和町特産のレンコンを作る。「大和白竜レンコン」というブランドで販売される。
白くてシャキシャキとした食感が特徴で、寒さの増す1月から2月にかけては特に味がよく、甘みも増してくる。
鮮度を保つためにひとつずつに刷毛で泥を塗って出荷する。
リピーター客も増えさらにブランド力を高めたいという。


放送動画再生

タグ:野菜 男性

生産者:東広島市河内町 石川 正則さん 43歳 


切り花の生産者でスカシユリや菊、フリージア、スプレーストックなどを栽培し市場やJA産直市に出荷している。
需要期と開花時期を合わせるのが難しく、気温や天候に大きく左右される。
購入後はこまめに水を替えたり、室温の高くないところに置くと長く楽しめるという。


放送動画再生

タグ:その他 男性

生産者:東広島市西条町 佐々木 貴之さん 45歳


3年前に専業農家になる。
米を他にも先輩農家やJA指導員に技術を教わりながら特産のピーマンやなすび、白ネギなどを作る。
田畑のある寺家地区は宅地化が進み、農地が減って来た。
代々受け継いで来た農地を守るためにも野菜作りに情熱を注ぎたいという。


放送動画再生

タグ:野菜 男性

生産者:東広島市福富町 原田賢志さん 37歳


兼業で農業を始めて6年目。特産のピーマンやなすび、アスパラガスなどを作っている。
省力化を図るためのシステムを導入したり、JA広島中央が導入を進めるドローンを活用した農薬散布などにも取り組む。
また日々の畑の様子を動画投稿サイトで見ることができるようにしている。


放送動画再生

タグ:野菜 男性

三原市大和町 稲葉 友和さん 42歳


大和町はかつていちごの産地だったが現在は2軒を残すのみ。
妻の父母が作ってきたいちご栽培を5年前に受け継いだ。
真っ赤に熟して収穫するのが特徴で、直売とJA広島中央の産直市「となりの農家」に出荷している。
毎年、このいちごを楽しみにしている常連客が多く、家族総出で作業にあたっている。



放送動画再生

タグ:果実 男性

JAグループ広島