生産者 呉市倉橋町 立花 隼人さん 40歳

呉市倉橋町で名産お宝とまとを作る生産者のリーダー。
スマート農業を定着させるため仲間と奮闘している。



放送動画再生


内藤 萌さん 市川 春菜さん 今村 千裕さん

呉の地元食材を使ったレシピを開発している広島国際大学医療栄養学科の内藤萌さん、市川春菜さん、今村千裕さんを紹介します。「広甘藍(ひろかんらん)」を使ったフルコースを考案。
食材を活かしたメニューを開発することによって、地域を身近に感じているといいます。
JA呉と地元農家が食材の提供などで協力しました。
学生たちは「まだ知らない食材がたくさんある。(活動を通して)広めていきたい」と想いを語ります。



放送動画再生


タグ:女性 野菜

生産者:江田島市 井上 峰志さん 39歳

就農8年目。目指すのは高循環で持続可能な農業。江田島の産物を使ったスイーツの原料としても提供しながら、島の農業をアピールする。
地域の耕作放棄地をサツマイモ畑にすることで生まれ育った場所に貢献したいという。
大学と連携しサツマイモを使ったバイオエネルギーの研究にも携わっている。



放送動画再生


タグ:男性 野菜

生産者:呉市 藤岡 美菜さん 30歳 

農業を始めて2年目。35種類のハーブを栽培している。高校時代に体調を崩し、外出できない日々を経験した。
祖母が残してくれた庭と土地でハーブ作りを始めたのがきっかけとなって、少しずつ復調し「心の財産をみつけられたのかな」と感じている。
ハーブの力強い生命力を知ってもらい、自分のように病気で苦しんでいる人の手助けになりたいという。



放送動画再生


タグ:女性 その他

生産者:呉市 郷原町 藤沖 学さん 54歳

県内産が珍しいニンニク栽培を始めて2年目を迎えた。きっかけは耕作放棄地の有効活用だった。畑に自家製竹パウダーを入れるなどで土作りにこだわる。
「安心!広島ブランド」の認証も受けており、「広島県産のニンニクを多くの方に食べてもらいたい」と価格も買いやすい設定にしている。
今後は仲間を増やして生産に弾みをつけたいという。



放送動画再生

タグ:男性 野菜

生産者:呉市 倉橋町 立花 翼さん 38歳

特産のトマトを生産する。収穫や選果作業は両親と妻と行っているが、休みの日にはふたりの子どもも手伝ってくれる。
「自分もそうだったように、子どもに働く親の姿を見せられるのは良いと思う」という。今後、夫婦が目指すのは独立経営。倉橋の特産を受け継いでいく。



放送動画再生

タグ:男性 野菜

生産者:呉市郷原町 田中 慎二さん 51歳

2年前に市役所を退職し、農業を始めた。
農業振興センターなどが入る呉市の農業公園「グリーンヒル郷原」で栽培技術の指導を受ける。父親の助けになればと大学生の息子も農作業を手伝う。
将来は会社を作って、農業を志す若い人たちの受け皿にもなりたいと抱負を語る。



放送動画再生

タグ:男性

生産者:呉市倉橋町 株式会社 菜ずき人

2019年倉橋町の若手農家が設立した株式会社菜ずき人。倉橋特産のネギ、大根、エダマメを生産している。8月はエダマメの最盛期を迎える。
水場一彦さん(41)と大須賀大さん(44)は早朝に畑に入り、収穫作業を始める。収穫後は鮮度が落ちないよう、一度冷水に浸す。「作業は大変だが消費者に美味しいと言ってもらえると大変さも忘れる」と水場さん。地域や家族の支えが励みにもなっている。



放送動画再生

タグ:男性 野菜

生産者:呉市蒲刈町 西村 達哉さん 43歳

4年前に母親の実家がある蒲刈町に移住し、柑橘栽培を始めた。
荒れた山を借り受け、レモンの苗木を植え、来シーズンの収穫に向けて準備を進めている。
空いている時間を利用して生産者仲間の作業を手伝う。
まずは若手が協力しながら、高齢化が進む柑橘農家の助け合いのシステムも作っていきたいという。



放送動画再生


タグ:柑橘 男性

生産者:江田島市 峰崎 泰昌さん 32歳

江田島特産のきゅうりを栽培している。温暖な気候を利用して冬でも色づきの良いものが作られる。
海外青年協力隊の活動などを経て、江田島市が行う新規就農者向けの研修制度を受けて5年前に農業を始めた。
故郷の島に農業で活力を与えていきたいという。



放送動画再生


タグ:野菜 男性

JAグループ広島