選択されている地域 / 野菜 / 果物など: その他

アイテムの絞り込み

生産者:安芸区阿戸町 崎岡 正和さん 47歳

主に米作りの指導や販売を担当するJA安芸の営農指導員。
一定の条件と決められた生産者が栽培した「こだわり米」が好評。
安定した品質と量を確保するため、農家と協力して米作りにあたっている。
農家の負担を減らすために農業機械のレンタルや見本園を作って地域の農業を後押ししている。


放送動画再生

タグ:その他 男性

生産者:安芸区阿戸町 北岡 良香さん 55歳


JAの育苗センターで18年間、苗作りに関わってきた。
しっかりとした苗を作ることは野菜づくりに欠かせない。それだけに責任を感じながら作業をこなす毎日。
女性部の支部長として地域の女性たちの元気作りにも取り組んでいる。
自身も兼業農家で、地域の産物を生かした加工品作りにも参加している。


放送動画再生

タグ:その他 女性

生産者:東広島市河内町 石川 正則さん 43歳 


切り花の生産者でスカシユリや菊、フリージア、スプレーストックなどを栽培し市場やJA産直市に出荷している。
需要期と開花時期を合わせるのが難しく、気温や天候に大きく左右される。
購入後はこまめに水を替えたり、室温の高くないところに置くと長く楽しめるという。


放送動画再生

タグ:その他 男性

岡島 あゆみさん


広島市立二葉中学校で家庭科教諭をつとめる岡島さんは、JAグループ広島が主催する「ひろしま・ライスクッキング・コンテスト」への参加がきっかけになり家庭科教諭になった。
県産食材を使ってレシピを考案する楽しさに気づいたという。今年のコンテストには教え子も出品。
楽しく学ぶをモットーに生活に活かせる実習を心がけている。


放送動画再生

タグ:その他 女性

原 萌々花さん


11月に開催された第17回ひろしま・ライスクッキング・コンテストには中高生から3159件の応募があり、その中から最優秀賞に輝いた。
レシピタイトル「減らそうみんなで廃棄率!無駄なく作るエコランチ」は食材のロスを抑えるための工夫が施されている。
現在、高校一年生の原さんの将来の目標は管理栄養士になること。


放送動画再生

タグ:その他 女性

生産者:廿日市市 徳永 和宏さん 53歳


廿日市市は切り花としてのバラ生産で県内最大の産地。
徳永さんはバラを専門に生産している農園の3代目。約60品種を常時、栽培している。
毎年流行が変わるが、同時に様々な要望に応えるためにオリジナル品種の開発も行っている。
栽培に最適な環境を作り出すため、データを駆使しながら環境を整えている。


放送動画再生

タグ:その他 男性

生産者:福山市 松岡 俊明さん 42歳


JA福山市の営農指導員を務めて20年になる。
仕事の内容は農家に対する栽培の技術指導のほか、生産者に対する産直市の情報提供や福山市内の学校給食に地元の野菜を届けるための準備など多岐に渡る。新規就農者の支援も大切な仕事のひとつ。自分を磨いて農家の役に立つように努力している。


image
image
image
放送動画再生

タグ:その他 男性

廿日市市 美川 治巳さん 58歳


JA佐伯中央の産直市「JA産直ふれあい市場」の店長。集荷した産物の仕分けはもちろん、店頭に立ってお客さんに声をかけるなど産直市を陰で支える。出荷する生産者を訪ねて現況を確認するなど生産者と消費者の橋渡し役も果たしている。


放送動画再生

タグ:その他 男性

生産者:尾道市向島町 寺岡 孝浩さん 41歳


1年前に岩子島で農業を始めた。特産のトマトとわけぎを作る。
わけぎ生産者も高齢化が進む中、地域の先輩農家の指導のもと初めての収穫を迎えた。
今後は飲食店での需要が高い、変わった品種の野菜も作っていきたいという。



放送動画再生

タグ:その他 男性

生産者:江田島市沖美町 田中 智さん 26歳


江田島市は花の産地。出荷先の広島市場に近く、鮮度を保ったまま出荷できるため、花屋に届いたあとも比較的花持ちが良いという。作っているものはトルコギキョウ。冠婚葬祭用に安定した需要も江田島市でも生産する農家が徐々に増えて来た。
就農3年目の田中さんは「とにかく質の良いものを作ることしか考えていない」と毎日の作業に取り組んでいる。



放送動画再生

タグ:その他 男性

JAグループ広島