選択されている地域 / 野菜 / 果物など: 産直市

アイテムの絞り込み

廿日市市 JA佐伯中央 女性部メンバーのみなさん

4月に移転オープンしたJA佐伯中央直営の「JA産直ふれあい市場 よりん菜」は、廿日市市と大竹市で生産された農産物や加工品、海産物を販売している産直市。店内の一角にある調理場ではJA女性部のメンバーが毎日旬の食材を使って総菜や弁当を作り販売している。
「オープン当初は忙しすぎて大変だったが、みんなで協力し合い、楽しくやっていくのが一番」とJA女性部の正木ちず子さんはいう。料理のレパートリーを増やしていきたいと今後の抱負を語る。


放送動画再生

タグ:産直市 女性

JA農産物直売所ええじゃん尾道・尾道店

尾道市にある産直市「ええじゃん尾道・尾道店」は、都市部にあることや肉や魚も揃うことから年々、来場者が増え売上も伸ばしてきた。
一方では、常に安定した品揃えをすることが課題。そのために出荷者で作るグループは出荷者を増やす取り組みや売り方の工夫などに取り組んでいる。消費者とのふれあいの場にやりがいを感じる生産者も増えてきた。


放送動画再生

タグ:産直市

福山市 JA福山市 FUKUYAMAふくふく市 

6月、福山市に新しく出来たJA福山市「FUKUYAMAふくふく市」。
福山市、府中市、神石高原町の豊富な産物を扱っている県内最大規模の産直市。
農産物はもちろん、神石牛を扱う精肉店や地元の漁協が入る鮮魚店、産直野菜を使った惣菜コーナーなどがある。
産直市ならではの販売の工夫や厳しい鮮度チェックを行うなど、産直市を運営するスタッフの姿もある。
生産者と消費者をつなぐ役割も期待されている。



放送動画再生

タグ:産直市

東広島市安芸津町 上岡 昇太さん 69歳

2007年にオープンした「JA芸南ふれあい市」に出荷する生産者組織の幹事を務める。
産直のオープンにも関わり、様々なニーズに応え、魅力ある産直市にしようと奮闘してきた。
海沿いの地理を活かそうと漁協に協力を持ちかけ鮮魚も揃う。
自身もひとりの生産者として多品目の野菜を出荷している。
産直市は生産者のやりがいにもつながっているという。


放送動画再生

タグ:その他 産直市

JAグループ広島