選択されている地域 / 野菜 / 果物など: 男性

東広島市河内町 安本 明雄さん 34歳

宇山地区にある農事組合法人に就農して5年目を迎える。担当はアスパラガス。
良質のアスパラガスを栽培するために様々な工夫をしている。
そのひとつが根をしっかり伸ばすための水の管理。
ハウス内の土を握った感触で最適な状態が分かるようになった。
それに伴い、収穫量も増えて来た。
家族も増え地域の農業のため、そして家族のためにも努力を続けていきたいという。


放送動画再生

タグ:男性 野菜

庄原市東城町 森本 雅俊さん 34歳

農業法人の従業員として、春から初冬にかけて収穫できる加工用イチゴ栽培を担当している。
以前は東京で音楽活動をしていたが、故郷の庄原市に戻ったことが農業を始めるきっかけになった。
当初、農業を仕事に選ぶ気はなかったが、イチゴ栽培に興味を持ったことから生産者の道へ。
「やってみると思っていた以上に面白い仕事」と感じたという。
収穫を控えて実の数と形を整えるために重要な摘花作業に追われている。


放送動画再生

タグ:果実 男性

庄原市東城町 藤本 聡さん 41歳

農業を始めたのは20歳の時。
同時に、父が始めたアイガモ農法や農業体験などの取り組みも受け継いだ。
主に米を作っている。5月は田植えに追われる。
子どもの頃、担任の先生に言われた「農業は素晴らしい仕事だ」と言われたのが
農家になるきっかけになった。
今では自分の子どもたちも農業の良さを感じてくれるようになった。
将来は家族全員で農業を続けていければと想いを語る。


放送動画再生

タグ:野菜 男性

生産者:福山市神村町 小林 輝仁さん 36歳

野菜や水稲の苗を生産する小林農場の代表を務める。JAやホームセンターのほか、野菜農家にも出荷する。「苗半作」という例えがあるほど野菜づくりには良質の苗が欠かせない。
過去には生産が間に合わず、注文に応えられないといった失敗も経験している。
プロの農家からの引き合いも多く、それだけに常にプレッシャーを感じながら苗作りに取り組んでいる。


放送動画再生

タグ:野菜 男性

生産者:福山市沼隈町 小山 裕士さん 30歳

沼隈町にあるブドウ団地(沼隈果樹園芸組合)でブドウを栽培している。
幼い頃にブドウ栽培を始めた祖父母の作業をしていたのを見ていたことがきっかけになった。
「いつかは自分もやってみたい」と思っていたが転機が訪れたのは、新規就農者向けの研修制度を知ったこと。
2年間の研修を受け、今年1月に祖父母が作っていた農園を受け継いだ。


放送動画再生

タグ:男性 果実

生産者:安佐北区安佐町 塗本 浩則さん 39歳 

新しく就農を希望する人に、栽培技術や経営の研修、農地の斡旋などを行う「ひろしま活力農業経営者育成事業」を受け7年前に独立した。
標高の高い集落に畑を借り、ビニールハウスで小松菜やほうれん草を栽培している。
実家は安佐南区で農家をしていたが、農地を手放したことから自身は一からのスタートとなった。
今後、収入を増やすために新しい作物を作るための準備も進めている。


放送動画再生

タグ:野菜 男性

生産者:安佐北区白木町 福田 卓己さん 50歳

ひろしま活力農業経営者育成事業を受け、平成17年に就農した。
ハウス栽培で主に小松菜とほうれん草を周年栽培している。
会社員時代に白木町の先進農家と出会い、休みの日に手伝いに行っていたという。
その時に感じた「この仕事は自分にとってど真ん中だ」という感覚が農家になるきっかけだった。
これからは後継者を育てることも考えながら、長く続けていける仕事を確立したいという。


放送動画再生

タグ:野菜 男性

安芸高田市高宮町 熊高 順八さん 33歳 

川根地区は古くから続く柚子の産地。
地区には樹齢約150年の古木もある。
冬に収穫した柚子は冷凍保存し、様々な加工品の原料になる。なかでも評判なのがバターケーキ。
無農薬で栽培されるが、草刈りや丁寧な剪定作業に労力がかかる。
川根柚子協同組合の「人に見えないことを大切に」という信念に基づいて、数々の加工品を世に送り出している。



タグ:その他 男性

生産者:安芸高田市甲田町 田坂 秀雄さん 50歳

水耕栽培で青ネギを生産するクリーンカルチャーグループに所属。
脱サラして3年前に就農した。
当初は周囲の反対もあったが、新規就農を多く受け入れて来たグループの支えもあり、自分の農場を持つことができた。
専用の選果場があり、分業化が図られているので生産者は栽培に専念できるメリットはあるという。
水耕栽培の青ネギは刺激が少なくサラダでも食べられるのが特徴。



放送動画再生


タグ:野菜 男性

生産者:尾道市 因島地域 岡野 慎悟さん 48歳

12年前に実家の農地を受け継いで柑橘栽培を始めた。当初は周囲の反対もあったが「儲かる農業」を模索しながら歩んできた。
耕作ができなくなった生産者の農地も借り受けるなどで栽培面積を広げ、経営も成り立つようになってきた。若い生産者と力を合わせてこれからの産地を守っていければという。


放送動画再生

タグ:柑橘 男性

JAグループ広島