選択されている地域 / 野菜 / 果物など: 野菜

アイテムの絞り込み

東広島市河内町 安本 明雄さん 34歳

宇山地区にある農事組合法人に就農して5年目を迎える。担当はアスパラガス。
良質のアスパラガスを栽培するために様々な工夫をしている。
そのひとつが根をしっかり伸ばすための水の管理。
ハウス内の土を握った感触で最適な状態が分かるようになった。
それに伴い、収穫量も増えて来た。
家族も増え地域の農業のため、そして家族のためにも努力を続けていきたいという。


放送動画再生

タグ:男性 野菜

庄原市東城町 藤本 聡さん 41歳

農業を始めたのは20歳の時。
同時に、父が始めたアイガモ農法や農業体験などの取り組みも受け継いだ。
主に米を作っている。5月は田植えに追われる。
子どもの頃、担任の先生に言われた「農業は素晴らしい仕事だ」と言われたのが
農家になるきっかけになった。
今では自分の子どもたちも農業の良さを感じてくれるようになった。
将来は家族全員で農業を続けていければと想いを語る。


放送動画再生

タグ:野菜 男性

生産者:福山市神村町 小林 輝仁さん 36歳

野菜や水稲の苗を生産する小林農場の代表を務める。JAやホームセンターのほか、野菜農家にも出荷する。「苗半作」という例えがあるほど野菜づくりには良質の苗が欠かせない。
過去には生産が間に合わず、注文に応えられないといった失敗も経験している。
プロの農家からの引き合いも多く、それだけに常にプレッシャーを感じながら苗作りに取り組んでいる。


放送動画再生

タグ:野菜 男性

生産者:安佐北区安佐町 塗本 浩則さん 39歳 

新しく就農を希望する人に、栽培技術や経営の研修、農地の斡旋などを行う「ひろしま活力農業経営者育成事業」を受け7年前に独立した。
標高の高い集落に畑を借り、ビニールハウスで小松菜やほうれん草を栽培している。
実家は安佐南区で農家をしていたが、農地を手放したことから自身は一からのスタートとなった。
今後、収入を増やすために新しい作物を作るための準備も進めている。


放送動画再生

タグ:野菜 男性

生産者:安佐北区白木町 福田 卓己さん 50歳

ひろしま活力農業経営者育成事業を受け、平成17年に就農した。
ハウス栽培で主に小松菜とほうれん草を周年栽培している。
会社員時代に白木町の先進農家と出会い、休みの日に手伝いに行っていたという。
その時に感じた「この仕事は自分にとってど真ん中だ」という感覚が農家になるきっかけだった。
これからは後継者を育てることも考えながら、長く続けていける仕事を確立したいという。


放送動画再生

タグ:野菜 男性

生産者:安芸高田市甲田町 田坂 秀雄さん 50歳

水耕栽培で青ネギを生産するクリーンカルチャーグループに所属。
脱サラして3年前に就農した。
当初は周囲の反対もあったが、新規就農を多く受け入れて来たグループの支えもあり、自分の農場を持つことができた。
専用の選果場があり、分業化が図られているので生産者は栽培に専念できるメリットはあるという。
水耕栽培の青ネギは刺激が少なくサラダでも食べられるのが特徴。



放送動画再生


タグ:野菜 男性

生産者:廿日市市 野村 遼介さん 26歳

佐伯地域でホウレンソウを作っている。
4年前に新規就農したが農業を志したきっかけは、幼い頃に見た畑で農作業をする祖母の姿。
「会社勤めをするより自分の思うようにできる仕事を」と祖母の農地を借りて農業を始めた。
料理が得意だという妻はホウレンソウを使ったレシピで食べ方のPRも行なっている。


放送動画再生

タグ:野菜 男性

生産者:福山市 寶諸 孝也さん 35歳

福山市の南部地域では珍しい白ネギを栽培している。農家として独立して3年目。
過去には人間関係に悩んだ時期もあったが、農業を始めたことで、仲間とのコミュニケーションの大切さに気づいたという。
好きなことができるのが農業の魅力だと感じ、白ネギの産地化に向けても先頭に立って取り組んでいきたいという。



放送動画再生


タグ:野菜 男性

生産者:江田島市 峰崎 泰昌さん 32歳

江田島特産のきゅうりを栽培している。温暖な気候を利用して冬でも色づきの良いものが作られる。
海外青年協力隊の活動などを経て、江田島市が行う新規就農者向けの研修制度を受けて5年前に農業を始めた。
故郷の島に農業で活力を与えていきたいという。



放送動画再生


タグ:野菜 男性

生産者:北広島町 多川 純利さん 33歳

周年でホウレンソウを栽培している。寒さが増す時期になると甘みが増して美味しくなるという。
新規就農して7年目の昨年、ハウスを19棟から32棟に増やして規模を拡大した。
毎日、手を抜かずに積み重ねていくことが大事だという。
パッケージには北広島町のイメージキャラクターが印刷されているが、地元のPRの役にも立ちたいという思いが込められている。



放送動画再生


タグ:野菜 男性

JAグループ広島