選択されている地域 / 野菜 / 果物など: 野菜 , 女性

内藤 萌さん 市川 春菜さん 今村 千裕さん

呉の地元食材を使ったレシピを開発している広島国際大学医療栄養学科の内藤萌さん、市川春菜さん、今村千裕さんを紹介します。「広甘藍(ひろかんらん)」を使ったフルコースを考案。
食材を活かしたメニューを開発することによって、地域を身近に感じているといいます。
JA呉と地元農家が食材の提供などで協力しました。
学生たちは「まだ知らない食材がたくさんある。(活動を通して)広めていきたい」と想いを語ります。



放送動画再生


タグ:女性 野菜

生産者:三原市 藤本 奈央さん 31歳 


三原市で白ネギを栽培する藤本奈央さん(31)を紹介します。
就農4年目。父の誠さん(61)と母の眞弓さん(57)とともに池ちゃん農園を経営。
2018年、豪雨により両親の白ネギ畑の半分が水没したことがきっかけで、歯科衛生士を辞め就農。
SNSで農業の魅力も発信します。
「自分に何かできることはないかと一番に思い、私がやるしかないと決意した」と両親への思いを語ります。



放送動画再生


タグ:女性 野菜

生産者:呉市安浦町 齊藤 由香さん 55歳 

呉市安浦町でサトイモを栽培する齊藤由香さん(55)を紹介します。
就農7年目。父が病になり、畑を手放すことも考えましたが、名産のサトイモを絶やしてはいけないという思いで就農。
母、美喜子さん(85)から教わりながら作業します。
JA芸南女性部の活動では、サトイモコロッケを試作中。
齊藤さんは「母からアドバイスをもらいながら、地域の名産を残していきたい」と想いを語ります。



放送動画再生


タグ:女性 野菜

JA安芸 女性部

JA安芸 女性部の加工グループは、地域の産物を使った加工品づくりに取り組んでいる。
安芸区阿戸町周辺で作られている「シシリアンルージュ」という品種のトマトでケチャップを試作中。
「自分たちで作った産物で加工品が作れるのがうれしい」とメンバー。
また規格外の生産物を有効活用するため加工品にしてAコープなどで販売も行う。
なによりもみんなが楽しく活動できるのが一番だという。



放送動画再生


タグ:女性 野菜

生産者:竹原市 赤坂 佳折さん47歳


就農して3年。
荒れた農地を開墾して畑に復活させ、白ネギやほうれん草、アスパラガスなどを栽培している。
農作業は主に地域の高齢者が担当。
収入を得るだけでなく、みんなで働くことで生き甲斐につながって欲しいと思いを語る。


放送動画再生

タグ:野菜 女性

生産者:尾道市向島町 大谷 由美さん 47歳


就農3年目。長年、両親が栽培して来た特産のわけぎとトマトを作る。
冬はわけぎの出荷に追われるが両親と三人で農作業をこなしている。
わけぎはぬたで食べるのが一般的だが、チヂミやすき焼きにいれても美味しいという。
いまは栽培技術を磨き、常に品質の高いものを作ろうと奮闘している。


放送動画再生

タグ:野菜 女性

生産者:三次市甲奴町 米田 美由紀さん 19歳

高校卒業後、幼い頃から憧れていた農業をしたいと農場「グリーンカウベル」に就職した。
周年でほうれん草を作るほか、甲奴町特産のピーナッツも作っている。
「女性でも農業を仕事に選んでもらえるよう魅力を伝えていきたい」という。



放送動画再生

タグ:野菜 女性

生産者:北広島町 佐渡 仁美さん 26歳

広島市出身。北広島町でスキーを習うために芸北の高校に入学する。今年4月から農事組合法人の一員として農業を始めた。この時期はキャベツの種まきや定植、畦の草刈りなどに追われる。農業は初めての経験だが先輩の指導で作業に汗を流す日々。質の良いものを消費者に届けていきたいという。



放送動画再生

タグ:野菜 女性

生産者:呉市倉橋町
立花 梨香さん34歳 高橋 智保さん32歳

倉橋特産のトマトを生産する姉妹。完熟するのを待って収穫するため味が濃く糖度が高い。「お宝とまと」のブランド名で出荷されている。広島市内の量販店で店頭販売も行いながら消費者と接する機会を大切にしている。倉橋のトマト生産者は若手の後継者が多く励みになるという。





放送動画再生

タグ:野菜 女性

生産者:北広島町 頼光 恵理さん 41歳

ハウス栽培でレタスを作る。レタスは重みのあるものより、軽くてふんわりしたものを選ぶのが良いとアドバイスをする。農業を始めて10年目。作物が徐々に成長し収穫を迎えたとき、そしてそれを食べてくれた人からの美味しいという言葉に農業ならではのやりがいを感じるという。若い人たちに農業の良さをもっと知ってもらいたいと積極的に行動している。



放送動画再生

タグ:野菜 女性

JAグループ広島