風をきって走りたい

最後の見極めのはずが・・・

【教習12日目】

きょうは、本当に心が折れるかと・・・(・。・;

最後の見極めの時間。

全ての仕上げとなる今回の教習。
操作に関しては大丈夫だという判断が出れば、
次回の卒業検定の日程が決まるのです。

つまり、もう少し練習が必要と判断されれば、補習を受けることになります。

これまで難しいな~、大変だ・・・と言ってきましたが
「もういい加減、完璧にならないといけない」
この思いが、自分へのプレッシャーになってしまったようで。

追い詰められましたね。

スムーズに操作できないといけないはずなのに・・・
全然できていない自分が腹立たしく思えてきます。

何とか!卒業検定に向けてという教官の計らいで
10回くらい連続して、クランクを練習しましたが・・・

クラッチ操作の連続と寒さで、どんどん腕の力が失われていき、
しっかりと握れなくなってくる。

すると、操作にも影響が出てきて、今までにないくらい転ぶ。。。

転ぶことで、切れてくるのが集中力。
さらに「こんな状態で、受かる訳ないよね・・・」という思いが頭をよぎる。

こうなれば、もう悪循環・・・。
この日はモヤっとしたまま、終わってしまいました。
さて、次の補習はちゃんとできるかな・・・(・。・;

でも、嬉しいことは起きるものですね。

「久保田アナウンサーですか?いつもブログ見てますよ」
教習を受けに来ていた方が声をかけてくださいました。

画像

この方は、秋の番組を見て、バイクに乗っていた頃を思い出し、
大型バイクの免許を取ることを決めたそうです(^_^.)

番組がきっかけに、長年の想いを形にしようと、
動き始めてくれる方がいらっしゃることは、
本当にありがたいことですよね。

弱音を吐いている場合ではない!
頑張らなきゃ・・・と気合が入りました!!

久保田夏菜