風をきって走りたい

ラッキー7で合格

【スタッフ便り その(13):おっさんライダー2号】

大型二輪教習12時限を終えて、手にした「卒業検定受験要領」

写真

だけど、卒検を前に思うのは・・・一本橋は本当に大丈夫か?コースは覚えられるのか!? 不安ばかりが募ります。

写真

いよいよ卒検当日。
受験番号が発表・・・ この日、大型二輪を受験するのは8人。
私は7番目の検定となりました。
『ラッキー7』
幸運のナンバーとよく言われるけど、今回ばかりは、それが逆にプレッシャーに。

喉はカラカラ。
さっき済ませたばかりなのに、またトイレに行きたくなる始末。

写真

いよいよ自分の番まであと3人・・・
しかし突然、覚えたはずの検定コースが思い出せない!?
どうしよう~~~。
検定中も、まったく余裕なく、いつの間にか終了した感じ。

こんなに緊張したのは、いつ振りだろう。

写真

検定結果がモニター発表されると、ラッキー7の横に○印が。
思わず「ヤッタ!」というよりも、安堵感が先に立った。
ふ~~~~。

検定合格証明書とともに頂いた『青いリストバンド』
「HIROSHIMA飲酒運転ゼロPROJECT」という運動の一環で制作されたバンド。

教習中に何度も教えた頂いた事故の悲惨さ。
大型二輪免許という『自由へのパスポート』を手にして、
あらためて交通安全を心に刻むきっかけとなりました。

写真

沼田自動車学校の教官・スタッフの方々、
そして大型二輪免許取得がきっかけで生まれた、ご縁に感謝です。

おっさんライダー2号