ひとくふう発見伝 元就。東広島外伝

くふうに満ちてる 東広島

回 2013年512日(日)ひる1時54分放送

今回のひとくふう発見伝はこの春、新たに広島県や東広島市にやって来た人も、ずっと広島県人・東広島市人だという人も必見!
東広島市の3つ星級逸品たちを紹介する、その名も『ようこそ東広島へ!食ふろうガイド!!』
東広島市の人にとって、鶏のから揚げといえば頻繁に出てくるあるスーパーの名前。
その誕生は15年前。ルーツは意外なところにあった!?

またサービスエリアや道の駅で売り切れ必至の絶品キムチ。
試行錯誤を重ねて生まれたその味の秘密に迫ります。
さらに県内外から客が押し寄せる山間の人気ベーカリー。
そのパンには生産者たちのまっすぐな心が詰まっていました。
これら以外にも東広島で当たり前?でも意外と知られていない3つ星級絶品グルメを一挙紹介します。

画像画像画像画像画像画像

動画

放送動画

動画再生1 動画再生2 動画再生3

番組内で紹介した商品の問い合わせ先
販売先は以下のところまで

米粉パン
「パン&米夢(パントマイム)」

東広島市河内町小田2516-2
定休日(火)

鶏の唐揚げ
「ショージR375バイパス店」

東広島市土与丸5-3-9
その他、県内のショージ各店で

「兪(ゆ)さんのキムチ」

取扱い店:小谷サービスエリア(下り)・道の駅「湖畔の里 福富」
JA産直市場「となりの農家」西条店・高屋店・黒瀬店

野菜のアイスクリーム「べジアイス」
「吉川ふれあいの里」

東広島市八本松町1415-1
営業日(水)(土)(日)

酒まんじゅう
「福富堂」

東広島市西条朝日町7-20
定休日(日)
その他の取扱い店:奥谷PA(上り・下り)・小谷SA(上り・下り)
道の駅「湖畔の里 福富」、東広島市内のキヨスク・賀茂川荘など

放送内容

同じ広島県人でも意外と知らない東広島の大常識のヒミツをドドーンと大公開!
隠れた"うまい"名品の数々!そこには東広島人の知恵と工夫が満ちていた!
さらに新人町娘・久保田夏菜(RCCアナウンサー)も仲間入り!

写真写真写真 写真

★一度食べたらやみつきのパン
「パン&米夢(パントマイム)の米粉パン」

写真写真写真

一度食べたらやみつきになると評判なのが、東広島市河内町小田「パン&米夢」のパン。その人気のヒミツは、その原料にありました!
使っているのは、地元小田地区で栽培している「米」。
米粉でつくるパンは独特のもちもちとした食感が特徴。お米の消費量が年々減少し続ける中、米離れを食い止めようと米粉パンの製造を始めた。
そこには、もう一つヒミツがあった。パンに使用している多くの野菜は地元で朝獲れたばかりの新鮮な野菜を使用しているのです。

写真写真写真

地元で獲れたものを地元でパンに加工する。多くの人の支えがあって美味しい米粉パンはつくられているのです。

「パン工房 パン&米夢(パントマイム)」

東広島市河内町小田2516-2
tel:082-438-1441
定休日:火曜日

★東広島市民は唐揚げと言えば「ショージ」!?

東広島市民は、唐揚げのことを訪ねてみると高い確率であるお店の名前を言うという噂を検証するために東広島市民に直撃!そこで、出てきた名前は「ショージ」!
一体、ショージとはどんなお店なのか訪ねてみたら、スーパーマーケットだった。
東広島ではおなじみのスーパーだと言う。

写真写真写真

本当に人気があるのか張り込みをすると、飛ぶように売れていた。
その人気のヒミツは、スーパーの花形である総菜への並々ならぬ思いがあった。
15年前、総菜コーナーの主力である「唐揚げ」を売り出そうと試行錯誤していた。
そこで唐揚げの町として有名な大分県中津の唐揚げの味を参考に改良。

写真写真写真

たどり着いた答えは、2週間タレに漬け込んだ鶏肉を170度の油で2度揚げすること。
肉に味をしみこませ、うま味を閉じ込めカリッと揚げるのがショージのヒミツ。
出来るだけ熱々の揚げたてを店頭に並べるというこだわりぶり!

★東広島市民を虜にする超有名キムチ「兪(ユ)さんの元気が出るキムチ」

写真写真写真

その旨さが評判を呼び人々を虜にして来たという「兪さんの元気が出るキムチ」。しかし、ここにたどり着くまでには様々な困難と苦労があったという。
このキムチを編み出したのはキムチ職人の兪昌根さん。発売当初は全く売れなかったという。自慢のキムチの味を知ってもらおうと各地で開催されるフリーマーケットで手売りを続けた。そして、美味しいキムチは評判を呼び、今や知る人ぞ知るキムチに成長した。

写真写真写真

美味しいヒミツは、本場韓国のキムチを日本風にアレンジするために入れたあるものにある。本場韓国ではうま味を出すために「ミョルチ」と呼ばれるイワシの魚醤をいれるのだが、これでは独特の臭みが出てしまう。そこで、兪さんは数多くの挑戦を経て、あるモノにたどりついた。それが「イカの塩辛」。
これが兪さんのキムチの最大の特徴。
イカの塩辛をキムチのタレと合わせたオリジナルのイカキムチと白菜キムチを合わせることで日本人にあう奇跡のキムチとなったという。 本場韓国の人をもうならせる東広島発のキムチなのです。

販売場所

小谷サービスエリア(下り)、道の駅「湖畔の里福富」
JA産直市場「となりの農家」西条店・高屋店・黒瀬店

★一度食べてつかぁさい!びっくりするアイス「ベジアイス」

写真写真写真

のどかな田園風景広がる東広島市八本松町吉川。ここにびっくりするアイスクリームがあるという。案内されたのは、吉川ふれあいの里。地元の野菜を売る産直市場。
そこで見たのは、野菜をつかったアイスクリーム!グリーンピースにカボチャにアスパラ。さらには緑米を使ったモノまで。

写真写真写真

野菜嫌いの子どもたちに食べてもらいたいと野菜のアイスクリームを始めた。
他にも野菜を入れたアイスマカロンやモナカも人気♪
まさにびっくりする!おいしさの野菜アイスクリームでした。

サザエスタイル」(「吉川ふれあいの里」内)

東広島市八本松吉川5772-5
tel:082-422-6312
営業:水、土、日

★愛され続ける酒の町の「酒まんじゅう」

西条酒蔵通りから路地に入った場所にあるのは、創業以来地元で愛され続けている饅頭屋「福富堂」。
こだわるのは、美味しい饅頭をひとつ一つ丁寧につくること。

写真写真写真

酒まんじゅうに欠かせないのが、酒の町西条の「清酒」と「仕込み水」。そしてもうひとつ、なくてはならないものがあります。それは「酒粕」のかえて入れ始めた「にごり酒」。
今でこそ人気の酒まんじゅうも、「酒粕」を使っていた発売当初はクセがあり食べにくいとなかなか売れませんでした。
そこで考え出したのが「酒粕」にかえて「にごり酒」をいれること。
これにより、口当たりがまろやかで風味豊かな現在の酒まんじゅうは誕生した。

写真写真写真

子どもたちのファンも多いという酒まんじゅうは、親から子へ。子から孫へと伝わる懐かしい味になりつつあります。
東広島のふるさとの味、それが酒まんじゅうなのです。

酒まんじゅう:福富堂

東広島市西条朝日町7-20
tel:082-422-2703
http://fukutomido.com/