1. RCCトップ
  2. RCCテレビ
  3. イマナマ!
  4. 楽うまクッキング
  5. 柿崎不二子
  6. 本格手作りエビ蒸し餃子

~私ならこう作る!餃子編~

本格手作りエビ蒸し餃子

材料

分量:(2人分)


『皮』
浮き粉・・・50g
片栗粉・・・5g
熱湯・・・75ml
サラダ油・・・小さじ1

【あん】
無頭エビ・・・50g
アボカド・・・30g
ゆでタケノコ・・・15g
片栗粉・・・小さじ1
卵白・・・1/4個分
ゴマ油・・・2滴
塩・・・ふたつまみ
コショウ・・・少々

《タレ》
辛子酢醤油・・・適量

作り方

1.エビは背ワタを取って殻をむいて粗みじん切りにする。タケノコも粗みじん切り、
アボカドはつぶしておく。
2.1に塩ふたつまみ、コショウ少々、片栗粉小さじ1、卵白1/4個分、ゴマ油2滴を入れて
混ぜ合わせ、8等分にする。
3.生地を作る。浮き粉と片栗粉を混ぜ合わせ、熱湯を一気に入れて菜箸で全体を混ぜる。
ボウルを裏返して乾燥しないように10分蒸らす。
4.3にサラダ油小さじ1を入れてツヤが出るまで30秒くらいこねる。棒状にして8等分にし
それぞれボール状に成形する。
5.バットに油適量を塗って、片栗粉を少し敷いた台に丸い生地を乗せ、バットを使って
薄くなるまで押さえる。
6.皮に2をのせて、ひだをつけながら成形する。
7.せいろの蒸気が立ち始めたら、餃子をのせて8分蒸らす。
好みで辛子酢醤油をつけながらいただく。

ポイント!

・浮き粉とは小麦粉のでんぷんのこと。でんぷんだけで作られているので片栗粉のような食感が出せる。
・浮き粉を使うことで、ぷりぷりした半透明の餃子に仕上がる。
・バットで押さえて皮を延ばすことで、均一に手軽に作ることができる。
・熱湯を使って生地を作る。熱湯を使うことで、皮に火が入り生地を薄く伸ばしやすくなる。
・生地は乾燥させないように注意する。
PR
リクエスト募集中

バックナンバー

料理・食材で検索

料理人別レシピ検索

キーワード検索

pagetop