バックナンバー
ランキンLand!TOPへ
2024年

6月 5月 4月 3月 2月 1月

2023年

12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月

2022年

12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月

2021年

12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月

2020年

12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月

2019年

12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月

2018年

12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月

2017年

12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月

2016年

12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月

2015年

12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月

2014年

12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月

2023年11月17日おいしく減塩 “スマ塩”を学ぼう

●味の素(株)

“おいしいなら、減塩の方がいいよね。”
「Smart Salt®」略して「スマ塩®」を提案
スマ塩 レシピ 検索
image image

●田村アナが作ったレシピ

「こくのバターチキンカレー」塩分量1.1g
※「味の素KK コンソメ」<塩分ひかえめ>を使用 
image image

●五郎丸リポーターが作ったレシピ

「山盛りキャベツの絶品豚汁<塩分控えめ>」塩分量1.4g
※「お塩控えめの・ほんだし®」を使用  
image image

2023年11月10日食欲の秋!おいしい話題お届けします

●くばら もやしのうま鍋

※久原醤油の人気商品
11月11日「もやしの日」
image image

●キッチンスタジオ・マム

広島市中区光南2-20-18-703
電話:082-245-9452
代表・河副多佳子(フードコーディネーター)
※「もやしのうま鍋」アレンジレシピは河副さんが考案
image image

< くばら もやしのうま鍋を使ったアレンジレシピ >
【広島食材deもやしのうま鍋】(3~4人前)】

image image

<材料(3~4人前)>

もやしのうま鍋1袋、御調太もやし1袋(約200g)、県内産小松菜1袋(約230g)、しめじ1袋(約100g)、ニンジンスライス30g、長ネギ1本、カキむき身100g、県内産豚バラ切り落とし120g、油揚げ1枚
カキ下処理 かたくり粉大さじ1、塩大さじ1/2、水30ml、食塩水(塩大さじ1を水500mlに溶かす)

<作り方>

  1. 鍋にもやしのうま鍋つゆを入れ、沸騰させる
  2. ボウルにカキ、かたくり粉、塩を入れ、やさしくまぶす
  3. 水を加え、洗うようにもみほぐす
  4. 食塩水で洗い、キッチンペーパーで水けを取る
  5. 油揚げを食べやすい大きさに切る
  6. 鍋に豚バラ肉、小松菜の軸、しめじ、長ネギ、油揚げを入れて煮る。
    アクが出たら取る
  7. ひと煮立ちしたら、カキ、小松菜の葉を入れる
  8. 太もやし、ニンジンスライスを入れ、フタをして約2分煮る

【フライパンde塩とんこつうどん】(1人前)

image image

<材料(1人前)>

もやしのうま鍋1/2袋、冷凍うどん1玉、太もやし1/2袋(100g)、ニラ1/4束(約25g)、豚バラ切り落とし50g、練りゴマ大さじ1、酒小さじ1、サラダ油小さじ1/2、塩少々、紅ショウガ適量

<作り方>

  1. ニラを根本と葉で切り分ける。(葉は4~5cmにカット)
  2. 洗って水けをきったもやしをポリ袋に入れ、サラダ油と混ぜる
  3. フライパンで豚バラ肉と、香りづけのニラの根元を炒める
  4. もやしを入れ酒を回しかけ、フタをして30秒蒸す
  5. ニラの葉を加えて塩少々をふり、強火で炒めたらいったん取り出す
  6. 同じフライパンにもやしのうま鍋つゆを入れ加熱
  7. コクと風味づけに練りゴマを混ぜ、冷凍うどんを入れて煮る
  8. 1~2分煮込んだら丼に移し、具材と合わせる
  9. 紅しょうがをのせる 

●ニッポンフードシフト

農林水産省が推進する国民運動。
食を取り巻く現状・これからの食について考える取り組み
image image

<紹介した取り組み>

・やぎ丸農場(世羅町)
資源を循環させながらヤギを飼育する。
ヤギの乳から作る絶品チーズ「セラ・シェーブル」はALL JAPANナチュラルチーズコンテストで全国第3位に。
image image
・すざわ果樹園(東広島市志和町)
異業種から参入。元の建設業の技術を生かして農場づくり。
1房16,200円の超高級ブドウ「極」など年間約20品種を生産。
大産地に比べ収穫量が劣るため多品種・高品質を目指す。
image image
・ほたるの里レンコン(東広島市志和町)
レンコンのブランド化で産地を守る生産者。
ホタルが飛ぶようなきれいな水を田んぼに入れて育て、傷つけずに収穫するため1本1本手掘りしている。
image image

2023年11月3日不用品は捨てずに買取!?出張査定大会

●広島県内9店舗 買取専門店 エコリング

【出張買取】【宅配買取】【LINE査定】無料
※一部買取ができない商品もあります。詳しくはHPでご確認ください。
image image